そとでるロゴ
〒156-0056
世田谷区八幡山1-7-6
TEL:03-5316-6621
FAX:03-3329-8311
info@setagaya-ido.or.jp
[受付時間]
平日9:00-17:00
 
新着情報
・コロナ禍の在宅介護(4/26)
おトイレ問題、コータリさんからの手紙(4/19)
・そとでるニュース4月号(4/15)
・「初夏の野川公園」イベントのご案内(4/14)
介護小説「母の遺産 新聞小説」(3/22)
・そとでるニュース3月号(3/19)
災害時における移送業務協力(3/12)
利用者インタビュー~元井優子さんの筋トレ(3/5)
・そとでるニュース2月号(2/22)
アクセシブル・ツーリズム(2/16)
全国フォーラム2020報告(2/15)
多目的トイレについて(2/8)
ヘルプマークをご存知ですか?(2/5)
・「第12回せたがや福祉区民学会」に参加(2/2)
・そとでるニュース1月号(1/12)
・そとでるニュース12月号(12/23)
・年末年始の休業のお知らせ(12/22)

・スタッフ向けミニ研修会開催(11/28)
・運転者講習会のお知らせ(11/25)
・そとでるニュース11月号(11/24)
・2020年度第2回登録事業者研修会 開催!(11/12)
・そとでるニュース10月号(10/20)
キャッシュレス決済活用法セミナー(10/9)
・第2回登録事業者研修会のお知らせ(9/18)
・そとでるニュース9月号(9/16)
野村一路氏インタビュー(8/27)
・そとでるニュース8月号(8/12)
・そとでるニュース7月号(7/22)
「ミニ研修会」開催(6/24)
・そとでるニュース6月号(6/23)
従来の業務時間に戻ります(6/1)
・そとでるニュース5月号(5/19)
・業務時間短縮の期間延長及びGW休業のお知らせ(5/1)

スタッフ向けミニ研修会開催(4/27)
・「そとでる」スタッフの外部研修報告(4/23)
・せたがや梅まつりで「おでかけイベント」とPR(4/23)
・そとでるニュース4月号(4/21)
「世田谷区障害者福祉団体連絡協議会の交流会」に参加(4/21)

・【重要】業務時間短縮のお知らせ(4/11)


過去の情報はこちら←click


 
twitter / facebook
twitter / facebookでも情報をお届けしています。

↓クリック
twitter

↓クリック

 
QRコード
携帯からもご利用になれます!
QRcode
 
そとでるスタッフからの情報発信コーナーです。
ご意見等ありましたら、メールにてお気軽にご連絡ください!
 
スタッフブログ >> 記事詳細

2021/02/12

くらしの足をみんなで考える全国フォーラム2020報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
2020年10月11日に、
くらしの足をみんなで考える全国フォーラム 2020」が
オンラインで開催されました。

主催:くらしの足をみんなで考える全国フォーラム実行委員会
実行委員長 :岡村 敏之/東洋大学教授
副実行委員長:加藤 博和/名古屋大学教



毎年、移動についての多様な取り組みが発表され意見交換が行われるフォーラム。
今回は「外出自粛の時だからこそ『移動』について語ろう」と、
zoomを活用し双方向の議論が行われました。


例年参加している「そとでる」は今年も事務局の運営をサポートさせていただきました。

外出を意味する「そとでる」を名前に冠する私たちの団体として、
一橋大学経済研究所の後藤玲子氏の講演が大変印象的でしたので、
以下抜粋してご紹介いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------
テーマ
ケーパビリティ調査 ~外出・在宅の自由を実現するために求められるかたち
~

・コミュニティにおいて移動とは、いざとなったら風のようにやってきて、
普段の生活で発生する『圧』を抜く役割を担っている。

・高齢者、障がい者の外出に関するアンケート調査結果から、
外出時に気になること、困ったことの調査において、
1.環境バリア(段差、設備、混雑、携行品、食事、トイレ)
2.対人バリア(コミュニケーション、理解、手助けなど)
3.個体バリア(体調、時間や金銭の浪費)があげられる。

---------------------------------------------------------------------------------------

確かに、コロナ禍で自由に外出できない不便さや「圧」を多くの人が知った今、
障害や高齢のためにその「圧」を日常的に抱えている人の気持ちを
以前よりは身近なものとして感じられるのではないでしょうか。


また、上記3つのバリア(障壁)どれか1つでも引っかかると、
なかなか外出は難しくなるものです。

気軽な外出を担保する存在として「そとでる」の存在をより多くの方に知っていただき、
暮らしのなかで役立てていただきたいと気持ちを新たにする1日でした。

 ◆くらしの足をみんなで考える全国フォーラムとは?:少子高齢化が進む中で、日常の通院や買い物等に困難を抱える人々が全国で増え続けている。この「くらしの足」の問題を解決するために、当事者、行政職員、研究者、バス・タクシー事業者、福祉・介護・医療の従事者、NPOなど、多くの関係者が集まり、地域を越え、立場を越え、利用者・生活者の目線をベースとして本音で語り合い、お互いを知り合い、それぞれが抱える問題解決のヒントを得る「気づき」の場として、開催されているフォーラム。

執筆:(荒)

11:17 | 投票する | 投票数(1) | お知らせ