そとでるスタッフからの情報発信コーナーです。
ご意見等ありましたら、メールにてお気軽にご連絡ください!
 
スタッフブログ
12345
2022/06/15

親のサ高住手配で考えた~スタッフ体験記

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
「そとでる」のホームページ内、「スタッフ紹介」にあるように、「そとでる」は個性豊かなスタッフたちが仕事をシェアしながら、さまざまな業務に就いています。
今回の「スタッフブログ」はいつものブログと毛色を変えて、“スタッフのひとりが体験した出来事”をご紹介します。


こんにちは、スタッフの荒木です。今回は両親をサ高住(サービス付き高齢者住宅)に入れる手配をして考えたことを綴りたいと思います。

私の両親は2人で老後生活を気ままに送っていましたが、母がパーキンソン病で要介護1になったため、安否確認や生活支援サービスを受けられるバリアフリー対応の賃貸住宅「サ高住」に夫婦で入居することになりました。
有料老人ホームと違って自立(介護認定なし)の父も自由度の高い生活が送れ、入居時にまとまって払う金額も少ない、それでも状態が悪いときに身近で支援を受けられるというのは娘にとっても安心です。

ですが、数あるサ高住の中からどこを選ぶか。

これが父と私の毎日の電話、書簡のやり取りの主な内容となりました。
メールやネットもそれなりに使いこなしていた両親ですが、年齢と共にアドレスを忘れてしまったり、ネット検索の仕方がとんちんかんになったり、老眼鏡をもってしても細かい字と格闘するエネルギーが枯渇したり。

身近に居れば対面で話し合いながら進められることも、150km離れた場所に暮らしていて気軽に行ったり来たりはできない、こちらもまだ幼い子供たちが居る(しかも登校しぶりや発達の偏りがありケアが必要)、一人っ子の私しか対応する人間は居ない、そして、なにごとも母まかせだった父が予算の原資となる年金額を把握していない、そのなかで母も病気によるものなのか薬の副作用なのか幻覚が見えるようになり父もそれに翻弄される…と、混乱した日々を過ごしました。

結果的に父と電話での話し合いを重ねて施設は決まりましたが、「そとでる」に日々かかってくる福祉車両の依頼のお電話、移動の相談のお電話、その1つ1つに、私より数倍も何十倍もの「大変!」が詰まっていること、改めて心に染みました。

私たちにできることは多くはないかもしれないですが、生活のなかでの「大変!」が少しでも和らぎ、人に頼れる「安心」を少しでも感じていただければ幸いです。

移動の具体的な日時が決まっていなくても、「そとでる」のスタッフたちが「ご相談」をうかがいます。
どうぞ、お気軽にお電話ください。

(スタッフ・荒木)

11:18 | 投票する | 投票数(3) | お知らせ
2022/05/24

瑞典(スウェーデン)日記02

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
【短期連載エッセイ】 

スタッフ研修」「階段、階段昇降機」などで「そとでる」とご縁のある、
東洋大学・高橋教授の「スウェーデンだより」です。ご一読ください。 

----------------------------------------------------------------------------------- 

瑞典(スウェーデン)日記 02 

東洋大学ライフデザイン学部人間環境デザイン学科 
高橋 良至 
 

YOUは何しにスウェーデンへ


 スウェーデン料理といえば、バイキング料理(スモルゴスボード)が有名ですが、家庭料理では、ミートボール(ショットブラール)、ピッティパンナ、“ヤンソン氏の誘惑”が代表的です。

 ミートボールはクリームソースでいただきますが、肉の臭みを消すためにコケモモ(リンゴンベリー)のジャムが添えてあります。最初は肉にジャムをつけて食べるのには抵抗があって……あ……はい、私は研究のためにスウェーデンに来ております。

 ミートボール。ポテトには香草のディルを添えて。


 改めて、テーマについてお話ししますと、一応テーマは2つあります。4Dプリントに関する研究と、パーソナル・モビリティ・ビークルに関する研究です。

 4Dプリントは、プラスチックなどを薄く印刷し、積み重ねて立体をつくる3Dプリンタを使って、動きのある立体をつくるものです。立体の3次元(3D)に「動き」の1次元を追加して、4次元、すなわち「4D」のものを作ろうという試みで、もののデザインへの応用について研究しています。また、パーソナル・モビリティ・ビークルは、個人用の乗り物です。電動キックボードなどがこれに該当しますが、特に高齢者などの近距離移動支援を目的としたものの開発を行っています。

 しかし、せっかくスウェーデンに来ているので、私の研究の基盤である福祉工学(生活支援工学)や、まちづくり、交通について知見を深めることは、研究の幅を広げるために非常に有意義であると考えています。街に出かけたりするのは、 “あくまでも”研究のためですので、その点、何卒ご理解を賜りたく。
 ところでスウェーデンでは、3時にはフィーカというおやつタイムがあります。コーヒーを飲みながらジンジャークッキーを食べるのが……。



ストックホルムでSLに乗る

 最近のストックホルム市内は、電動キックボードに乗っている人が多いです。いわゆる共用(シェア)するもので、道端に停まっているものをスマートフォンで使用可能にして、颯爽と走っていきます。自転車道を走ることが義務付けられており、歩道を走ることはほとんどありません。

 自転車道はよく整備されていて、基本的に歩道、車道と分離されています。日本と違って人も少なく、交通環境に余裕があるので、上手くいっているのだと思います。ただ、適当に乗り捨ててしまう人もいて、街なかや公園にひっくり返っている電動スクーターが相当な数になったので、きちんと電動スクーターを管理できる会社以外は事業ができないように規制がかかりました。

 さて、その他の電車やバスなど公共交通はどのようになっているかといいますと、地下鉄、バス、郊外電車、路面電車(ライトレール)、船(!)、があります。これらはストックホルム市交通局(ストックホルム・ローカルトラフィク)、「SL」が管理しています。日本で言うところの都営や市営ですが、運行などのサービスは複数の会社に委託されています。すべてSLの管轄下にあるので、案内表示などは統一されており、とても分かりやすいです。

 運賃は約500円均一です。切符(1回券)を買って90分以内であれば乗り継ぎ自由、乗り降り自由で、どこまでも行けます。遠くまで行けばお得ですが、隣駅までであればかなり割高です。そこで、1ヶ月や3ヶ月有効の乗り放題割引切符などが売られています。

 切符と書きましたが、基本はSuicaやPASMOと同じICカードと、QRコードをかざす形式のスマホのアプリです。日本でも使われ始めましたが、端末にかざすだけで決済できるクレジットカードやデビットカードで、入場(1回券の購入)することもできます。現金が使えるところは地下鉄T-セントラーレン駅の改札だけで、きっぷの購入もチャージも基本はキャッシュレスです。もちろん紙幣や硬貨はありますが、現金では支払いできないところが多いです。

 都心のトイレは有料で約130円かかりますが、ここでも支払いはカードです。財布からお金の出し入れがなく便利ではありますが、「もし決済システムが止まって現金を扱うことになったら、若い店員は困ってしまうのでは?」と友人が言っていました。 

 地下鉄。昨夏から走り始めた新型車両。


 SLのきっぷで乗船できる船。これで通勤できます。

 地下鉄の改札。ICカードは青枠にタッチ。
 非接触クレジットカード、スマートフォンアプリ(QRコード)は左側の緑枠にタッチ。

----------------------------------------------------------------------------------- 


スタッフ:船の通勤など、「ストックホルムは水の都」なんだなぁと思いました。
 ところで…、“ヤンソン氏の誘惑”についてうかがいたいです! “フィーカ”ということばは、日本にいる私たちも耳にすることが多くなりました。


私:“ヤンソン氏の誘惑”は、刻んだじゃがいも、玉ねぎとアンチョビに生クリームとパン粉をかけて、オーブンで焼いたものです。ポテトグラタンみたいなもので、スウェーデン料理の定番です。
 “フィーカ”は、コーヒーやお茶を飲みながら、みんなでちょっとしたものを食べて交流を図りリラックスする、スウェーデン人にとって大切な時間です。ある会合で、「だらだらしてるとフィーカの時間がなくなるぞ」と言われ、一気に緊張感が高まりました。

  “ヤンソン氏の誘惑”(部分)


(次回、「送迎サービスについて」を掲載予定です。変更の場合、ご了承ください)

All Copyright ©YOSHIYUKI TAKAHASHI 2022


14:04 | 投票する | 投票数(5) | スウェーデンだより
2022/05/20

令和4年度 第1回登録事業者研修会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
令和4年6月24日(金)、18:30~20:00(受付18:00~)
世田谷区児童相談所1階AB会議室(世田谷区松原6-41-7)にて
「令和4年度 第1回登録事業者研修会」を開催します。

テーマは
『介護タクシー 忙しい人、暇な人~保険屋から見る介護タクシーの仕事~』

講師に総合保険保険代理店プロエージェントグループ ノバリ株式会社 今井田 俊行氏をお迎えして、売上アップに結びつくお話を伺います。

今井田氏は平成28年、29年のそとでる登録事業者研修会でも講師にお迎えして役立つお話をして頂きました。

今回3回目のお願いにご快諾頂き、保険のプロならではの視点から、今後のお仕事に役立つアドバイスを頂きます。

事業者の皆様!この機会にぜひご参加ください!!


お申し込みは、下記をダウンロードのうえ、FAXでお願いします。
お電話でのお問い合わせも、お気軽にどうぞ!

こちらをクリックするとPDFをダウンロードできます!

令和4年度 第1階登録事業者研修会チラシ


15:04 | 投票する | 投票数(2) | お知らせ
2022/04/25

運転者講習会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
病院に行きたい!
買い物に行きたい!
友人に会いたい!
でも障がいがあってなかなか出られない…

そんな方たちの手助けを普通免許で気軽に始めてみませんか?

    【以前の実技講習の様子】
1日目:2022年6月11日(土)  10:00 ~ 17:00
2日目:2022年6月12日(日)  10:00 16:00
 (2日間の講習です。両日ともご参加ください。)


☆会場:世田谷ボランティアセンター(世田谷区下馬2-20-14)
☆受講料(テキスト込み):区内在住在勤の方 6,500円 区外の方10,000円
※感染予防の為マスク着用でのご参加をお願いします。


福祉車両への移乗や、車椅子乗車の方を乗せての運転実習等、
区内の実務経験者を講師に迎えての講習を行います。

有償のボランティア活動のための講習会(国土交通省認定)ですので、
受講後は認定証も発行されます。
運転者を必要とする区内のNPO団体もご紹介します。

運転仲間や利用者さんと交流しながらいきいきと活動されている方々が、
新しいメンバーを待っていますよ!


こちらをクリックするとPDFをダウンロードできます!
   ↓

16:10 | 投票する | 投票数(1) | お知らせ
2022/04/04

瑞典(スウェーデン)日記01

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
【短期連載エッセイ】 

スタッフ研修」「階段、階段昇降機」などで「そとでる」とご縁のある、
東洋大学・高橋教授の「スウェーデンだより」です。ご一読ください。
 

----------------------------------------------------------------------------------- 

瑞典(スウェーデン)日記 01 

東洋大学ライフデザイン学部人間環境デザイン学科 
高橋 良至 
 

工篤憧からお送りしております 

 一昨年前、大学から、「来年は、海外で研究に専念して来るがよい」という、ありがたいお告げがありました。指折り数えてその日がくるのを待っていましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で、海外に渡航することができなくなってしまいました。日頃の行いのせい? と思いましたが、世界的な流行ということは、おそらく他にもたくさんの行いが悪い人がいたはずです。 

 ということで、とりあえず先にその人達に反省してもらうことにして、予定より半年以上遅れて2021年10月某日、何とか目的地であるスウェーデン(瑞典)はストックホルム(工篤憧)の地に立つことができました。  

 この日記では、“福祉の国”と言われるスウェーデンで見たことを書きたいと思います。 
 メーラレン湖の畔に建つストックホルム市庁舎

 

はばかりながら雪隠(せっちん)へ 

 海外渡航には入国72時間以内の陰性証明と英文のワクチン接種証明が必要なため、出国前日にクリニックと居住地の市役所に出向きました。そして出発当日、深夜便なので夜10時近くに羽田空港国際線ターミナルに着きましたが、ほとんど人はおらず、私が搭乗する便とロサンゼルス行き以外は、翌朝9時過ぎまでのすべての便に「欠航」と表示されていました。 

 普段は人が頻繁に行き交うのではばかられますが、今夜は誰もいません。
研究者の業で、じっくりトイレの写真を撮って来ました。 

 ここの多機能トイレは、多目的ベッド、おむつ交換台、オストメイト、着替え台、非常通報ボタンなど、あらゆる設備が揃っています。また男性用の方にも、おむつ交換台や、手すりのある便座、着替え台、オストメイトがあります。ご婦人用の方には、さらに小児用小便器があります(トイレの入口に設備の案内図があります、念のため)。 


 羽田空港の多機能トイレ 

 

新しい生活様式(日本)から、以前の生活様式(スウェーデン)へ 

 ドイツのフランクフルトで乗り継ぎがありました。ドイツもスウェーデンもシェンゲン協定加盟国なので、入国審査は最初に到着したドイツで行われます。その後の加盟国間の移動では出入国審査は省略されます。 

 欧州域内を行き来する便はそれなりに飛んでいるようで、空港には思いのほか多くの旅行者が行き交っていて、入国審査は長蛇の列でした。 

審査官:「スウェーデンの滞在目的と期間は?」 

:「研究です。1年近くの予定です。(と言って、滞在許可証を見せる)」

審査官:「…何書いてあるか分からないんですけど。(スウェーデン語で書いてあるので、ドイツ人には読めない)」 

:「私も分かりません(胸を張って)」 

審査官:「…」 

 このようなやりとりがありましたが、検査と証明書発行に結構な費用がかかった陰性証明と、わざわざ市役所まで取りに行った接種証明は、ちらりと確認しただけだったので、かかった費用と手間の分、じっくり見てもらいたいと思いました。

 日本を発ってからずっと、周りの方は皆マスクをしています。しかし、ストックホルム空港に着いたときに、気が付きました。飛行機から降りた人たち以外、誰もマスクをしていません。普通の生活の光景に、これほど違和感を覚えるとは思いもしませんでした。 

 個人的には飛沫が飛ぶ距離で長時間会話などしない限り感染リスクは低いと考えていたので、マスクをしない生活に戻るのにあまり抵抗はありませんでしたが。 

 スウェーデンに着いた翌日からは、マスクなしの日々です。日本から2箱もマスクを持ってきたのですが、代わりにカレーのルウなど日本食を持ってこられたのではないかと、スーツケースを開いてマスクの箱を目にするたびに考えています。  
 地下鉄Tセントラーレン駅、マスクをしている人がいない。 

 ----------------------------------------------------------------------------------- 


スタッフ:スウェーデンの人がマスクをしていないということに驚きました! 


私:スウェーデンの面積は日本より少し大きいのですが、人口は東京都よりも少ないため人口密度は非常に低いです。人口はストックホルムなどの大都市に極度に集中していますが、それでも日本のような混雑が見られるのは街の中心部の駅近くや一部の店舗だけです。会合でもない限り、自然に互いの距離がとれるような環境です。 
 一部、必要と思う人が各自の判断でマスクをしています。オミクロン株の感染拡大の際は、政府から公共交通機関でのマスク着用推奨など要請があったため、私も外出時はマスクをしました。1か月くらいの間だけですが。 


(次回は、「交通機関について」を掲載予定です。変更の場合、ご了承ください) 
 
All Copyright ©YOSHIYUKI TAKAHASHI 2022

17:14 | 投票する | 投票数(5) | スウェーデンだより
12345