そとでるロゴ
〒156-0056
世田谷区八幡山1-7-6
TEL:03-5316-6621
FAX:03-3329-8311
info@setagaya-ido.or.jp
[受付時間] 
平日9:00-17:00
 
twitter / facebook
twitter / facebookでも情報をお届けしています。

↓クリック
twitter

↓クリック

 
QRコード
携帯からもご利用になれます!
QRcode
 
そとでるスタッフからの情報発信コーナーです。
ご意見等ありましたら、メールにてお気軽にご連絡ください!
 
スタッフブログ
12345
2022/11/10

ホームページ閲覧不可についてのお詫びと復旧のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者

平素より「そとでる」ホームページをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

11/3(木)~11/10(木)の間、サーバーの不具合により、ホームページが閲覧できない状況が続いておりました。

現時点で既に復旧は完了し、正常にご利用いただける状態でございます。

ご利用の皆様に大変ご迷惑をお掛け致しましたことを深くお詫び申し上げます。

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。


12:59 | 投票する | 投票数(0) | お知らせ
2022/10/27

瑞典(スウェーデン)日記04

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
【短期連載エッセイ】


スタッフ研修」「階段、階段昇降機」などで「そとでる」とご縁のある、
東洋大学・高橋教授の「スウェーデンだより」です。ご一読ください。 

----------------------------------------------------------------------------------- 

瑞典(スウェーデン)日記 04


東洋大学ライフデザイン学部人間環境デザイン学科 
高橋 良至 
 

夏至祭

 6月になるとスウェーデン人はソワソワしてきます。夏至祭と夏の休暇が待ち遠しいのです。暦の夏至に近い週末の土曜日が「夏至の日(ミッドソンマル)」で祝日に、その前日も「夏至の日の前日」という祝日になります。2022年は6月25日が「夏至の日」でした。

「夏至の日」には夏至祭が催されます。白樺の葉をあしらったリースを掲げたメイポールを立ちあげます。そして、色とりどりの花や白樺の葉を編んだ冠を頭にのせ、フィドルやアコーディオンで奏でられる音楽にあわせて、輪になって踊ります。民族衣装を着ている人もいます。スウェーデン各地で、伝統的な夏至祭や関連したイベントがたくさん行われます。

 夏至ですので、日の出は早く、日の入りは遅いです。夜10時を回っても明るいので、イベントは遅くまで行われます。しかし、時間に気をつけていないと、店が閉まっていたりすることがあります。夜は完全に暗くはならず、深夜でもぼんやりと明るい、薄暮の状態が続きます。そして4時頃にはすっかり明るくなっています。しっかりカーテンを引いて寝ないと、寝不足になります。


 
 夏至祭。みんなで力を合わせて、メイポールを立ち上げます。



スウェーデンの中心、ダーラナ

 仕事の都合で、ストックホルムで夏至祭を迎えることになると思っていたのですが、直前に出かけられそうだということがわかり、急遽「典型的なスウェーデンの風景」が見られるという、ダーラナ地方に行ってきました。

 ストックホルムとダーラナ地方の位置関係
(地図データ ©2022 Google)

 ダーラナ地方は、ストックホルムの北にあるシリヤン湖を取り巻く地域で、赤い壁の白い窓枠のある家、白樺の森、小高い丘、大小の湖といった風景が特徴的です。また、スウェーデンの代表的な民芸品として知られる木彫りの馬、ダーラヘストのふるさととしても知られています。

 レクサンドで夏至祭を見て、レットヴィークでシリヤン湖にかかる桟橋を渡り、夏至のスウェーデンを一通り楽しみました。


 森と湖の中に赤い壁の家。


 夏至祭にシリヤン湖を渡るボート。
 漕手は民族衣装をまとっています。



 眼鏡屋さんのディスプレイにダーラヘストが。



長い夏休み

 6月末からは多くのスウェーデン人が夏休みに入ります。 7月に職場にいるのは外国人だけです。ちなみに休暇は、「4週間は取る」そうです。皆さん、サマーハウスを持っていたり、ボートを持っていたりします。キャンピングカーをレンタルする人もいます。私も滞在中に友人の別荘に少しだけお邪魔しました。畔の一軒家はとても静かで、近くの森を散策するなどして過ごしました。
「1週間は滞在しないと、休みモードにならない」とのこと。しっかりオン・オフの切り替えをすることが、本当の休みにつながるのでしょう。日本でもそうありたいものです。

 この時期、ストックホルムは観光地を除き人影はまばらです。公共交通は減便になりました。 8月中旬になると、「列車ダイヤがもとに戻ります」との掲示が駅に張り出され、道行く人が増えて、ようやく長い夏休みが終わったことを感じました。


----------------------------------------------------------------------------------- 


スタッフ:スウェーデンと言ったら「夏至祭」ですね。映画や文学、絵画など多くの芸術作品に取り上げられるテーマでもあり、とても興味をもっていました。今回の日記をきっかけに、「行ってみたい!」という方もいらっしゃるかもしれません。


私:コロナの規制も緩和されていますので、機会があれば、ぜひ訪れてはいかがでしょうか。夏は陽の光が強いので、帽子と日焼け対策は必須です。湿度が低くカラッとしているので、よほど気温が高くなければ長袖でも快適です。現地の人は、好んで日焼けをしていますが……。


(次回、「公共交通のアクセシビリティ」を掲載予定です。変更の場合、ご了承ください)

All Copyright ©YOSHIYUKI TAKAHASHI 2022

10:22 | 投票する | 投票数(4) | スウェーデンだより
2022/10/12

深大寺おでかけイベントのおしらせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
福祉車両で送迎可能な、おでかけイベントのおしらせです。

「神代植物園と名物深大寺そば
を食べに行こう!」

2022年11月23日(水・祝) 10時半〜14時半

♪さあ、でかけよう!
草花の美しさに触れながら出会いを楽しみませんか?

参加費:500円(飲食代は含みません)

※福祉車両での送迎が必要な方は、4,000円(往復)
で承ります。
 (付添の方は送迎無料)
※11月11日までにお申し込みください
※雨天決行(ドライブの予定)

< スケジュール>
09:30 送迎開始
10:30 集合(植物園・正門前)
11:00 植物園散策、深大寺に移動
12:00 昼食(蕎麦屋)
13:00 深大寺お参り・お土産等
14:00 現地解散&送迎開始

協力世田谷福祉移動支援センター「そとでる」

↓画像をクリックするとPDFが開き、ダウンロードや印刷が可能です。


10:03 | 投票する | 投票数(3) | お知らせ
2022/09/29

「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム」の申し込み開始!

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
毎年、「そとでる」(せたがや移動ケア)が事務局のお手伝いをしている「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム2022」(主催:くらしの足をみんなで考える全国フォーラム実行委員会)が、11月19日(土)、20日(日)に開催されます。


2022年、11回目を迎えるフォーラムですが、今年はリアル(東京大学 本郷キャンパス)・オンライン配信(Youtube)の“ハイブリッド”開催となります。
(チラシは、ホームページより)


「そとでる」は今年も、受付、取材・報告書作成などで参加・応援します!


9月17日から始まった開催申し込み(11月17日(木)締め切り)。通院、買い物等の「くらしの足」に関心ある方はぜひご参加ください。


---------------------------------------------------------------------------------------------

■「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム」ってなに? 
少子高齢化が進む中で、日常の通院や買い物等に困難を抱える人々が全国で増え続けています。
このくらしの足の問題を解決するために、当事者、行政職員、研究者、バス・タクシー事業者、福祉・介護・医療の従事者、NPOなど、多くの関係者が集まって、本音で語り合い、お互いを知り合い、それぞれが抱える問題解決のヒントを得る「気づき」の場として開催されています。

---------------------------------------------------------------------------------------------

■プログラム(抜粋)

【11月19日(土)】(13:30~17:00)

●セッション1 パネルディスカッション
・「みんな」で拡げよう お出かけの和-「競争から協調、そして共創へ」
みんなでつくる新たなモビリティサービスとは?-

[話題提供]
・サブスクのmobiの現状と今後目指すもの
・デマンド交通「チョイソコ」による地域との向き合い方
・元システム屋がタクシーの「タク放題」にチャレンジした理由

●セッション2 デジタルポスターセッション
・くらしの足を確保するための取組を紹介しませんか?


【11月20日(日)】(9:30~12:20)

●基調講演
・バスによる幹線輸送の魅力と可能性

●パネルディスカッション
・幹線としての路線バスにできることはもうないのか?

---------------------------------------------------------------------------------------------

■詳細、お申し込み(参加費:2,000円)は、
くらしの足をみんなで考える全国フォーラム2022」をご覧ください。


11:47 | 投票する | 投票数(6) | お知らせ
2022/09/21

10月6日は世界脳性まひの日

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
世界各国の脳性まひ支援コミュニティでは、毎年10月6日を「世界脳性まひの日」とし、さまざまなキャンペーンを行っているそうです。

日本では脳性まひの日はあまり知られていませんでしたが、
以前インタビューさせていただいた女優の東ちづるさんが理事長を務める一般社団法人「Get in touch」が、10月6日を「Warm Green Day(WGD)」(ウォーム・グリーン・デー/あたたかなみどりの日)と名付けたことで、今年はメディアで大きく報道されています。

当日は東京都庁や世田谷区庁舎が緑にライトアップされるとか!

世田谷は1932年設立の東京都立光明学園(旧 東京都立光明特別支援学校、東京都立光明養護学校)があることから、街中で車椅子に乗った方を見かけることが多く、その中には「そとでる」や、登録事業者さんと深く関わりのある、脳性まひの方もいらっしゃいます。

でも、脳性まひがどういう障がいなのか、あまりよく知らないという方も多いのではないでしょうか。
今年は10月6日にライトアップを見上げながら、
「GET THE GLORY!~Warm Green Day
~」を聞いてみませんか?

[GET THE GLORY! ~Warm Green Day~]
10/6世界脳性まひの日プロモーション動画

https://www.youtube.com/watch?v=N6Qh7S-Paso



12:41 | 投票する | 投票数(4) | お知らせ
12345