そとでるスタッフからの情報発信コーナーです。
ご意見等ありましたら、メールにてお気軽にご連絡ください!
 
スタッフブログ
12345
2020/06/24

新人スタッフを中心とした「ミニ研修会」開催

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
2020年6月4日(木)、新人を中心とした4名の「そとでる」スタッフが、「2020年度スタッフ向けミニ研修会」を受けました。

研修会は二部構成になっており、第一部は事務所横のリビング(移動サポート八幡山リビング)で「そとでる」の歴史・目的・意義・活動内容等を確認しました(講師:鬼塚事務局長)。

また配車手配など、電話の対応時のポイントや、料金体系についても学びました。

受講者たちは「そとでる」のなりたちや現在までの活動経緯、料金設定等の基本的な知識のレクチャーを受け、改めて移動支援の重要性を実感しました。

第二部は「せたがや移動ケア」の外池理事(とのいけ介護タクシー)のご協力のもと、「現場研修─同乗研修」を体験しました。

この研修は、主に「そとでる」に新しい仲間(スタッフ)が加わったときに行っており、過去、スタッフ全員が同様の研修を受けています。

実際に送迎に同行することから、業務に必要なポイントを得ることの多い「現場研修」ですが、今回は病院(区内の病院など10か所以上)の送迎を焦点に同行させていただきました。スタッフたちは乗降場所、送迎の際の注意点、事業者様の技術、心配りなどを目の当たりにしました。

研修終了後は、各自が「報告書」を作成・提出。今回体験しなかったスタッフを含む全員が、新しい情報や気づきをメーリングリストなどで共有しました。


【研修を終えて】(「報告書」より抜粋)
・「そとでる」のなりたちがわかりました。「移動に困っている人のため」にということを頭におき、電話応対の時に決まり通りではなく臨機応変に対応する大切さと難しさを感じました。

・「そとでる」のなりたちについて学び、「ご利用者様の力になりたい」という気持ちが支えになって、これまでの歴史があるのだと改めて感じました。
ご利用者様に寄り添って、もっと積極的に、気楽に、外出やちょっとしたお出かけができるように、自分も力になっていけたらと思いました。

・「そとでる」の歴史を知り、利用者のために「そとでる」があるということを改めて認識しました。

・福祉車両の種類、タクシーとNPOとの違い等、基本的なことも知ることができました。

・介護タクシーの料金について、よくわかりました。

・それぞれの病院まで自分で行ってみることはなかなかできないので、大変良い機会を作っていただきました。

・コロナ対応のテントを設営している病院の様子や、それぞれの病院の駐車場の広さなども確認することができました。

・駐車場がなかったり、狭い病院では、乗り降りが大変そうであることもわかりました。また、雨の場合でも、安全の確保のために(通常)傘をさして介助はしないことや、ご利用者様に痛みがある場合は事前に情報があると対応しやすいことなどをうかがいました。

・各病院の駐停車場や病院の特徴がよくわかりました。

・病院巡りでは、実際に病院に行ってみることができたので、予約の電話を受けたときにイメージすることができると思います。

・ご利用者の体調確認・痛みがある…などで、選ぶ道が違うことや、揺れ、段差などでの声掛けなど、配慮が行き届いていると思いました。今後の配車業務に役立てていきたいです。
(写真:同乗研修の車中から。ご利用者と同じ目線で乗り降りなどをイメージできた)

                     *

スタッフにとって、この日の研修が大変有意義であったことが「報告書」から伝わってくるようでした。「そとでる」スタッフの「現場研修」をはじめとする研修会は、いつも事業者様、講師の方々のお力に支えられていると痛感します。今後とも、ご指導・ご協力をよろしくお願い申し上げます。
(まとめ:スタッフ・石黒)


11:49 | 投票する | 投票数(2) | スタッフ研修
2020/06/01

従来の業務時間に戻ります

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
平素より「そとでる」をご利用いただき、ありがとうございます。 

新型コロナウイルス感染拡大防止策として
4月13日(月)より業務時間を短縮してまいりましたが、
緊急事態宣言解除に伴い6月1日(月)より従来の「平日9時~17時」受付といたします。

これからも移動サービス事業者様と協力し、感染防止のためのアイディアを共有し、
安全・安心にご利用いただけるよう努めてまいります。
よろしくお願い申し上げます。


07:24 | 投票する | 投票数(1) | お知らせ
2020/05/01

業務時間短縮の期間延長及びGW休業のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
平素より「そとでる」をご利用いただき、ありがとうございます。 

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて、
4月13日(月)から業務時間を短縮してまいりましたが、
引き続き5月末日まで短縮時間を延長いたします。

又「そとでる」は5月6日(水)までゴールデンウィーク休業となります。
休業期間中のWEBからの配車予約、お問い合わせ等についても、
5月7日(木)以降に順次対応させて頂きます。

ご利用者様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承下さいますよう、お願いいたします。

☆業務時間の短縮については、今後変更となる可能性がご ざいます。

 


16:53 | 投票する | 投票数(3) | お知らせ
2020/04/23

スタッフ向けミニ研修会開催 

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
2020年3月24日(火)、2019年度スタッフ向けミニ研修会の第2回、第3回(第1回「こころとからだの自己管理─季節、年齢にあわせた自己管理術」は開催済み)を開催しました。
どちらの回も事前に講師と入念な打ち合わせを経たのち、参加スタッフの健康状態のチェック、受講環境(換気、除菌等)、マスク着用を徹底したうえでの実施となりました。

第2回講師の檜山 環様、第3回講師の高橋 良至様、ありがとうございました。


■「福祉従事者のためのヒント─ イスに座ったままできる筋膜リリース」
(14:30─16:00、移動サポート八幡山リビングルーム)

講師に檜山 環様(脳活水引細工講師、クリスタル水引細工協会理事、筋膜リリース講師、介護福祉士)をお招きし、日常生活の中で簡単にできる体操や、専用のボールを使った筋膜リリースの動きを教えていただきました。
また、介護福祉士としての経験から感じていた不調やストレスをどのように整えていったかという体験談や、福祉の仕事を通して実感した「脳活」の重要性から始めた水引細工の話など、あっという間の1時間半でした。
参加した10名は、研修会の終了後に「肩が楽になった」、「視野がはっきりした気がする」など感想を口にしていました。

【スタッフの感想】
・デスクワークの業務は長時間同じ体勢でいるため、足のむくみ、肩こり、腰痛、目の疲れがたまってきます。足の裏の刺激は全身に効いている感じでした。また、腕をクロスしてから耳たぶを引っ張ったあとは、首がスムーズに動くようになり、びっくりしました。
・最後に講師の先生から「笑顔で仕事ができ、自身が心も身体も幸せでいて欲しい」というお言葉が印象的でした。
・水引細工を認知症の方々に指導なさっているお話をうかがい、その効果に明るい気持ちになりました。


タオルを使って手軽に行えるもの、専用のボールを使う体操等を体験しました。
(袋についているのは手作りの水引細工)


■「報告書作成のためのパソコン教室」(17:00─19:00、「そとでる」事務所)

講師に高橋 良至様(東洋大学ライフデザイン学部人間環境デザイン学科教授)をお迎えして、「そとでる」スタッフ向け研修では初の「パソコン教室」を開催しました。

 東洋大学ライフデザイン学部:
ライフデザイン学部はQOL(Quality Of Life =生活の質)を重視し、その向上を実現する「知」と「技」を学ぶ学部で、生活支援学科生活支援学専攻、生活支援学科子ども支援学専攻、健康スポーツ学科、人間環境デザイン学科から成っています。
高橋教授が教鞭をとる人間環境デザイン学科では、人と生活に関わる環境について、誰にでも使いやすいデザイン、「人を幸せにする」ためのデザインを追求します。
(以上、東洋大学ホームページ参考)


前半は「文書のレイアウト(少ない手間で見やすい文書に)」、「Wordで報告書を作ってみよう」について。後半では「Excelのちょっとイイ話」というテーマと、パソコンに触れているスタッフへの具体的なアドバイスをちょうだいしました。
また研修は、この日のために作成してくださったオリジナルのテキスト(「文書作成の基本」、「Wordの基本」)を元に学びましたが、日頃、大学でライフデザインを教えていらっしゃる視点による文書づくりのポイント(「見やすさ」、「人の視線の動き」等)を教えていただきました。
事前に「毎日の業務にやる気が出るような内容を!」とお願いしていましたが、参加した7名全員が楽しみながら、自分で「考える」、自分で「調べる」重要性を実感した2時間でした。

【スタッフの感想】
・自分の頭の中である程度組み立てて実際に表などを作るわけですが、「事前に組み立てる」というのが難しいと思っていました。が、見やすいフォントや大きさ、タブのつけ方など基本的なことを教われたのが良かったです。
・文書作成でおさえておくべきポイント、レイアウト・フォントの選択、サイズの指定、文字飾り・文字揃え・段落の設定、図や写真の挿入など、どのようなことに注意をすれば見やすい文書を作成できるか(メリハリなども含めて)わかりやすく説明していただきました。
・自分で考えること、自分で調べること、自分で設計することなど、パソコン作業に限らず「仕事」全体に通じるアドバイスと受け止めました。それらを意識して働きたいと思います。
(写真・まとめ:スタッフ・石黒)



00:47 | 投票する | 投票数(4) | スタッフ研修
2020/04/23

「そとでる」スタッフの外部研修報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
2020年2月、「そとでる」のスタッフが外部の研修会に参加しました。
各自、目的をもって参加し、日々の業務に活かすため、積極的に学んだ感想を報告します。


■「NPO法人会計 基本の「キ」セミナー」
(2020年2月4日(火)、10:00─16:30、TKC東京本社研修室)

この日のセミナーは会計業務の基礎知識を習得するべく、スタッフ2名が受講しました。
セミナーは<入門編>、<基本編>から成っており、NPO法人について/NPO法人の会計/NPO法人の必要な簿記の知識/NPO法人会計基準…等々を学びました。

【スタッフの感想】
NPO法人の会計の特徴などから説明いただき、勉強になりました。今回は実務に関してあまり多く触れていませんので、今後、今回の講習を基本に少しずつ勉強していけたらと思います。



■「人生のしめくくりに必要な基礎知識」
(2020年2月8日(土)、13:30─15:30、烏山区民会館ホール
 主催・世田谷区医師会高齢医学学会、共催・世田谷区医師会、世田谷区)

「医療側から」、「福祉側から」ではなく、両分野から発信される「基礎知識」がどのようなものか、関心をもったスタッフ2名が参加しました。
(第一部・講演会「私の在宅看取り3500例から」(立川在宅ケアクリニック理事長・井尾 和雄氏)、第二部・シンポジウム「人生のしめくくりに必要な基礎知識」(世田谷区福祉人材育成・研修センター長・瓜生 律子氏)、司会進行(神津内科クリニック院長・神津 仁氏))

多くの看取りを通じて人の“ゴール”、残された家族について感じたこと、そして「日本を地域で最期まで過ごせるいい国に!」というメッセージを強く訴えた井尾理事長、
世田谷区の取り組み説明や世田谷区福祉人材育成・研修センター、せたがや福祉区民学会についての紹介と共に「誰もが、住み慣れた地域で安心して住み続けるために」というメッセージを述べた瓜生センター長の言葉が会場に響きました。
また、司会進行の神津院長による「医療者と患者・家族の思いは、両者の思いの妥協点、合意点にもっとも近いところで、医療・看護・介護が行われることが重要」という言葉は、入場者全員に配られた小冊子『私のリビングウィル』(作成:日本臨床内科医会)にもあらわれていました。
最後に会場からの質問もあり、病で不安を感じている方、家族を介護している方の切実な悩みを共有しました。

【スタッフの感想】
・「死に場所がない日本」という井尾理事長の言葉が衝撃的でした。看取り難民が増え続けている現状(問題点と基礎知識)を知ったうえで、仕事・個人の面で普段から制度や支援を考えたいです。
・医療と福祉が地域でしっかりと手を組んでいないと、患者・家族に不安や後悔が生じかねないことがわかりました。「そとでる」の配車等を通じて地域の皆さんの悩みに触れる機会があるので、医療と福祉の連携について常に新しい動きを知っておきたいと思いました。

(写真・まとめ:スタッフ・石黒)


00:39 | 投票する | 投票数(3) | スタッフ研修
12345