そとでるロゴ
〒156-0056
世田谷区八幡山1-7-6
TEL:03-5316-6621
FAX:03-3329-8311
info@setagaya-ido.or.jp
[受付時間] 平日9:00-17:00
 
新着情報
・「おじゃまします」村井やよいさん(3/26)
・北沢警察署の交通安全教室(3/23)
・そとでるニュース3月号(3/18)
「せたがや福祉区民学会」参加報告(2/27)
・そとでるニュース2月号(2/18)
古武術介護にチャレンジ!(2/10)
・「羽根木公園・梅見のおでかけ」のご案内(1/27)
・第3回登録事業者研修会のお知らせ(1/22)
・そとでるニュース1月号(1/10)
・【参加報告】「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム2019」(1/7)

・レスキューフーズおためし会(12/25)
・そとでるニュース12月号(12/14)
・年末年始のお休みのお知らせ(12/12)
・運転者講習会のお知らせ(11/25)
・そとでるニュース11月号(11/25)
・「江戸東京たてもの園のおでかけ」のご案内(10/28)
・【寄稿】「福島訪問記」(10/23)
・そとでるニュース10月号(10/22)
・第2回登録事業者研修会のお知らせ(10/20)
・「季節、年齢にあわせた自己管理術」開催(10/11)
・スタッフ紹介ページ更新(10/4)
・「あんすこ訪問」終了のご報告(9/28)
・そとでるニュース9月号(9/20)
・そとでるニュース8月号(8/19)
・「あんすこ訪問」(5、6月)ご報告(8/16)
・松沢病院「公開講座」(7/22)
・そとでるニュース7月号(7/18)
・事業者研修会「笑いヨガ」開催!(7/1)
・神奈川県からのお客様来訪(6/28)
・スタッフ紹介更新(6/20)
・そとでるニュース6月号(6/12)
・せたがや移動ケア・吉田理事長に感謝状!(6/3)
・「東京競馬場へおでかけ」を開催しました(5/27)
・「みんなで学ぶ交通安全」研修会開催報告(5/24)
・快適なおむつの使い方勉強会(5/24)
・三浦半島おでかけイベント報告(5/24)
・そとでるニュース5月号(5/17)
・登録事業者研修会のお知らせ(5/13)
・GW休業のお知らせ(4/22)
・スタッフミニ研修「HP編」(4/12)
・そとでるニュース4月号(4/12)
・「介護タクシー新年会」参加報告(4/5)
・スタッフ紹介更新(4/4)
・「東京競馬場へおでかけ」のご案内(4/4)


過去の情報はこちら←click
 
twitter / facebook
twitter / facebookでも情報をお届けしています。

↓クリック
twitter

↓クリック

 
QRコード
携帯からもご利用になれます!
QRcode
 
そとでるスタッフからの情報発信コーナーです。
ご意見等ありましたら、メールにてお気軽にご連絡ください!
 
スタッフブログ
12345
2020/03/23

第3回登録事業者研修会開催~北沢警察署の交通安全教室

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
2020年2月7日(金) 18:30─20:00、2019年度 第3回「そとでる」登録事業者 研修会「交通事故に遭わないために ─最新のデータから─」を開催しました(参加者15名。主催:世田谷区福祉移動支援センター「そとでる」。於:松原6丁目福祉施設」(旧たすけっと。松原6-41-12))。

2019年度の登録事業者研修会を締めくくる開催となるこの日、お迎えしたのは、継続して講師をお願いしている警視庁北沢警察署交通課の皆様です。

「説明がわかりやすい」、「かたくるしくなく交通安全を学ぶことができる」とご好評の研修会ですが、第4弾はデータ紹介を中心とした講話と映像、毎回人気の体験ゲーム、質疑応答等々、盛りだくさんの1時間半になりました。

移動支援業務に役立つ情報はもちろん、笑顔のたえないチャレンジの時間=体験ゲームは参加者たちの交流が多くみられ、活発な会話をやりとりする様子が印象的でした。




<研修会>
■「交通事故に遭わないために─最新のデータから─」

【プログラムと主な内容】
1.開会挨拶/講師・参加者「自己紹介」
はじめに司会・進行役の外池 孝晋理事(「せたがや移動ケア」)より、2019年度最後の研修会開催にあたって挨拶がありました。
続いて、参加者から短く、自己紹介がありました。

全員が氏名、事業者名などを述べた後、講師をお引き受けくださった北沢警察署のおふたりからご挨拶と自己紹介のお言葉をいただきました。

講師が警察官になられるまでのお話やエピソードをご紹介くださると、会場の空気が一変。参加者はリラックスした様子で耳を傾けました。
また、「交通安全」に日々取り組む想いや、地域におけるご活動、私たち移動支援に携わる運転手へ伝えたいことなどを耳にして、講話への期待が高まりました。




2.研修会
■講師: 警視庁 北沢警察署 交通課 交通総務係
研修会は講師が作成された資料を中心に、講話からスタートしました。

●講話─資料を中心に─
参加者は手元の資料を読みながら、講師の話に耳を傾けました。
「令和元年の東京都内の交通事故死者数 133名(前年比 -10名)」という数字にはじまり、次々に明らかにされるデータに対して、時折、隣席の参加者と確認する姿が見られるなか、「事故」について浮かび上がってくる問題点を検討しあいました。

また昨今話題の「あおり運転」や、道路交通法改正(令和元年12月1日施行)の中で罰則強化された「運転中のスマホ等利用」の説明の際には、参加者からの質問が飛び交いました。

[資料内容]
・令和元年の東京都内の交通事故死者数 133名
・令和元年の世田谷区の事故件数─事故発生数1位
・関与別事故発生件数
・世田谷区の特徴
       高齢者・自転車が関与する事故発生件数 第3位
       子供が関与する事故発生件数 第2位
       輪車・貨物車が関与する事故発生件数 第1位  他
・北沢署事故発生マップ(令和元年・上半期)
・北沢署事故発生マップ(平成30年・上半期)
・北沢署事故発生マップ(令和元年・上半期 歩行者事故)
・北沢署事故発生マップ(令和元年・上半期 自転車事故)
・あおり運転について
・あおり運転の一例として考えられる違反
・あおり運転は、即免許取り消しに?
・道路交通法改正により運転中のスマホ使用 罰則強化します!─反則金が6,000円から18,000円に引き上げ
・東京オリンピック・パラリンピックの交通規制について─東京都のホームページで確認できる予定  他
…等


●映像視聴
お持ちいただいたDVD、「生活道路での交通事故を防ぐために」を視聴しました。

映像を見ながら、生活道路で自転車や歩行者、特に子どもや高齢者等と出逢った際の注意点や危険予知の事例等をご説明いただきました。


●体験ゲーム─クイックフィンガーとクイックアーム─
まず北沢警察署の皆様から使い方をご説明いただき、「反射神経」、「俊敏性」、「集中力」などをはかる2種類のゲームにチャレンジしました。

挑戦後、実年齢と、自ら出した「年齢」(実年齢ではなくゲームの結果から出される数値)を比較して、喜んだり、落胆したり…。
「よし、もう1回挑戦!」、「俺、こんなに若い年齢が出ちゃった!」等々、さまざまな声や歓声が聞かれました。

楽しみながら、反射神経を磨いたり、集中力を保つことができる体験ゲームの時間は、参加者に笑顔と挑戦する楽しさを提供してくれたようです。


●質疑応答
大盛り上がりの体験ゲームの時間を経て、研修会が終盤を迎える頃、「質疑応答」の機会をいただきました。

圧倒的に多かったのは、DVDでも取り上げられた「生活道路」における自転車利用者についての質問やご意見でした。
特に昨年と同じ講師、同じ参加者が多いということもあって、昨年同様「自転車の取り締まりについて」のやりとりが多く交わされました。



3. 閉会挨拶
充実した研修会も閉会の時刻を迎え、「せたがや移動ケア」の吉田 正理事長から閉会挨拶がありました。

毎年開催の交通安全研修会へご協力いただいた北沢警察署の皆様に御礼を申し上げた後、研修会を振り返り、
「楽しみながら交通安全の知識や現在の状況を知ることができました。また、終始笑顔の絶えない時間を過ごすことができ、参加者全員の交流を深めることもできました。これからも研修会を継続して、楽しく学んでいきましょう」と結びました。

なごやかな雰囲気のなか、笑顔で学んだ「交通安全」。知識やモラルを底上げし、安全な運転・歩行を心がけることが安全な社会につながることを改めて確認できました。
参加者に寄り添ったお話、情報提供をしてくださった北沢警察署交通課の皆様、
座学・体験の時間を積極的に過ごしてくださった参加者の皆様、ありがとうございました。


<参加者の声・抜粋>(アンケートから)
・「瞬時判断力測定」等、自分の瞬発力がわかり、大変ためになりました。
・大変参考になりました。今後ともよろしくお願いします
・北沢警察署のご担当者の、誠実で温かみのあるお話がありがたかったです。
・次回は、具体的な交通違反の事例などをうかがいたいと思いました。
・今年で4回目になった北沢警察署様のお話ですが、毎回、そのときどきの話題や問題に関係した内容にしてくださり、ありがたく思います。今後ともよろしくお願いいたします。
・2019年は交通事故に関するニュースが多く、運転者・歩行者ともに不安を感じることが多かったように思います。
これからも年に一度の研修会の他に、タイムリーなタイミングでの勉強会や学習会をお願いできたらうれしいと思いました。また、せっかく警察の方のお話をうかがえる機会なので、「福祉」にかかわる立場の人間として「地域の心配事」等に関連した話題(たとえば振り込め詐欺など)をチラシ等でほんの少しうかがえたらと思いました。よろしくお願いします。
・毎回、受講記念に貴重なお土産をいただき、感謝しています。家族に反射材キーホルダーとお守りをプレゼントしました。
・定刻を超えて質問等にお答えくださり、ありがとうございました。いつも参加者に寄り添ったご対応に感謝しております。

(写真・まとめ:スタッフ・石黒)
 


12:00 | 投票する | 投票数(4) | イベント
2020/02/27

「第11回大会せたがや福祉区民学会」に参加・発表しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
2019年12月7日(土)12:00~17:30、日本大学文理学部に於いて「第11回せたがや福祉区民学会」が開催されました。(参加者:480名)

この学会は、大学・福祉事業所で働く人、区民、行政関係者などが一同に会して、日頃の実践研究活動の発表を行ったり、交流・学びあう場として、年に1回開催されています。
第11回大会のテーマは「協働(みんな)でつくる住み続けたい世田谷(まち)」となっており、分科会での発表はポスター発表、口頭発表をあわせると「56」もの実践研究が発表されました。

そして昨年に引き続き、今年も「そとでる」のスタッフと「おでかけサポーターズ」のメンバーが参加。日頃の取り組みや活動内容について発表させていただきました。
(会場:日本大学文理学部3号館5階(世田谷区桜上水3-25-40)、主催:せたがや福祉区民学会、せたがや福祉区民学会第11回大会実行委員会、共催:日本大学文理学部、社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団、後援:世田谷区、社会福祉法人世田谷区社会福祉協議会)


【プログラム】(抜粋)

1.全体会1
◆会長挨拶
◆開催校挨拶
◆世田谷区長挨拶
◆基調講演:「協働(みんな)でつくる住み続けたい世田谷(まち)」
 日本大学文理学部社会福祉学科教授 諏訪 徹 氏

2.分科会
◆ポスター発表
◆口頭発表
◆第1分科会~第7分科会
◆学生交流会 ワークショップ

3.全体会2
◆大会のまとめ
◆実行委員長挨拶
◆閉会

「おでかけサポーターズ」は第1分科会で、「世田谷おでかけサポーターズの活動(中間報告)─買い物困難者の為のバスを走らせる事による住みやすい世田谷の共生社会の実現─」(市村 和行、景山 香代、秋森 かつ枝、中村 幸子、多賀 正孝、伊藤 潤一、矢野 和子、鬼塚 正徳)を発表させていただきました。
そして「世田谷区福祉移動支援センター そとでる」は第3分科会で、「『介護タクシー』と『移送NPO』の違いと使い分けの研究─誰もが自由におでかけできる世田谷を目指す『そとでる』の実践から─」(鬼塚 正徳、泉谷 一美、石黒 眞貴子)を発表いたしました。

   分科会での口頭発表の様子。

   発表後、ホッと一息。


「おでかけサポーターズ」の発表では、1人で買い物困難な方に「お店に行って、見て・触って・確かめる“買い物の楽しみ”」を提供し、閉じこもり防止、健康寿命延伸、その先の「住みやすい社会」の実現を目指すために行っている活動をご紹介しました。
また、「そとでる」の発表では「くらしの足を守り育てる市民活動」の視点で、移動が困難な利用者様やケアマネジャー様に「介護タクシー」「移送NPO」の違いをお伝えし、上手に利用してお出かけの機会を増やしていただくためのご説明をしました。

どちらの会場でも、発表後に具体的な質問があり、それぞれのテーマへの関心の深さを実感しました。

                    *

児童・障がい・高齢者など多様なテーマについてさまざまな参加者・発表者が見聞きし、話しあう「せたがや福祉区民学会」。
学会会員の大学生による休憩コーナーや区内の障害者施設の手作り販売コーナーのにぎわいも大きな魅力であり、「誰でも参加できる」場の共有を強く感じました。
世田谷区の福祉の向上のために集う人々の「つながり」を大切にしたい、と思った一日でした。


【参加・発表の感想から】
・「そとでる」の活動も含め、情報交換、勉強の場として貴重な経験をさせていただきました。

・口頭発表で、普段の送迎で利用される施設の名前もあり、実際に働いている方たちを見ることができて身近に感じられました。

・福祉の分野は幅広く、普段身近に感じていなかった部分にも触れることができました。

・「ふれあい松原」が長く続いているのは、いろいろな工夫がなされているからだということがわかりました。イベントに携わる人が変わっても、理念がきちんと引き継がれていることや、こぼれ落ちる人がないように、時にはスタッフからアプローチするなど、対応がきめ細やかだと感じました。

「あんしんすこやかセンター」訪問でご挨拶をさせていただいた方や、研修会でお世話になった方々のお顔をお見かけしたり、お話しできて、「福祉区民学会」が再会の場になっていることをうれしく思いました。

・さまざまな立場の方が出会う場・平場で語りあう場は少ないと思うので、これからも「福祉」を共通のテーマとして、学会を続けていただきたいと思いました。

・福祉区民学会ということで、福祉に関わる多方面の方々が参加していて、改めてさまざまなアプローチがあることを感じました。5つほど講演、発表を拝聴させていただきましたが、その中で印象に残ったのは、「基調講演」と「おでかけサポーターズ」の分科会発表のなかでも強調されていた、「横のつながり」ということでした。
さまざまな状況の方がいらっしゃるなかで、情報提供、声かけなどを通して近隣、地域とつながりを持って、助けたり助けられたりという支えあいがスムーズに進むことが大切なのだということを理解しました。このような横の連携が活発になれば、ご利用者にとってのハードルも低くなるものと思いますし、また、学生の方を含めてボランティアの活躍がますます期待されることになるものと思いました。

・昨年に続いて発表の機会をいただき、ありがとうございました。「おでかけサポ一タ一ズ」は 1.無理しないボランティア活動 2.ボランティア間だけではなく各団体、各組織との横のつながり 3.ボランティアも成果反省 の3つで頑張ります。
(写真・まとめ:スタッフ・石黒)


14:05 | 投票する | 投票数(4)
2020/02/04

第2回登録事業者研修会「からだをこわさないための身体動作」開催!

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
2019年11月11日(月)、2019年度第2回「そとでる」登録事業者研修会を開催しました(参加者:17名。時間:18:30~20:30。場所:北沢タウンホール3階 ミーティングルーム(北沢2-8-18))。

第2回目の登録事業者研修会は、「古武術介護にチャレンジ!」をテーマとし、おさえておきたい基本的な身体動作について学びました。

お迎えした講師は、磯崎 寿之様(あんくる株式会社 訪問介護サービス代表取締役)です。本来は旧字体の「崎」)
講師は、訪問介護サービスを行っている会社の代表をされながら、「古武術モーショントレーニング」(下記◆)を広く一般の方々に広めるべく講座を開催、指導しています。

また、世田谷区介護サービスネットワーク運営委員、せたがや訪問介護連絡会代表、「ケアコミュニティ せたカフェ」代表世話人などを務められており、「そとでる」も参加・発表している「せたがや福祉区民学会」等々、多くの場でその実践を発表していらっしゃいます。

「登録事業者研修会」では、座学と実践(体験)による学びの時間と、参加者の体験をヒアリングしながら行うデモンストレーションが印象的でした。

 写真左より:会場風景、当日の配布資料、磯崎講師(「せたがや福祉区民学会」(2019年)にて)



◆古武術モーショントレーニングとは(配布資料から)
1.介護にとらわれない古武術としての身体動作
  介護に限らず、日常における身体の動かし方に古武術を適用していく
2.古武術的身体動作の再定義
  古武術の目線で身体動作を定義し直してみる
  正しい体の使い方などをイメージする
3.古武術的身体動作の日常生活動作への汎用
  以上を基準に展開をしています
  1と2をふまえて、日常生活はもとより、
  より高い身体の使い方へと応用していく



〈研修会〉「からだをこわさないための日常生活・移動支援時の身体動作」
【プログラムと主な内容】

1.開会挨拶/講師・参加者「自己紹介」
開会に先立ち、「せたがや移動ケア」の外池 孝晋理事より、ご挨拶ならびに研修会の主旨が話されました。

続いて、研修会恒例となっている「参加者全員の『ひと言自己紹介』」を行いました。
この日の参加者は登録事業者のみならず、福祉職従事者、現在、介護を行っている一般参加者など様々でしたが、一人ずつ、お名前と「研修会で知りたいこと」などを述べあいました。

 写真左より:自己紹介、外池理事


2.研修会 ─ 座学
■講師:磯 寿之様
座学では「からだの使い方~基礎的なこと」を学ぶということで、古武術を応用した身体動作術について学びました。
また、「本来の身体動作術とは?」、「日常の身体動作にまで及ぶ古武術的動作とは?」についてからだを動かしながらお話しいただきました。
そして主に以下(囲み内)について、座学及び各自立ち上がっての体験を行いました。特に、腰の据え方(入れ方)、立ち方、歩き方の体験では「ちょっと独特だね!」、「日舞や能の動きに似ている?」など、感想が飛びかいました。

☆押し出し→ 手のひら返し→ 腰の使い方が重要!
    → 抱え上げ(「垂直離陸」、「支持基定面」)→ 添立へ

腰の据え方(入れ方)について「どうしてもうまくできない」、「感覚がわからない」と質問する参加者もいましたが、「ベルトを上に引っ張られる感じで」など、手を添えて丁寧にお答えいただきました。


3.研修会 ─ 実践
座学に続いて行われた「実践」では、移乗時等に必要な動き「ベッド(布団)」、「室内階段」、「車いす」などを学びました。

会場設備の関係上、ベッドはありませんでしたが、床に寝たり、室内のいすや、車いすを使って、参加者と一緒にデモンストレーション。その後、各自が実際に講師の動きを真似るかたちで進行しました。同時に、交代で「受け手」の立場を実感するべく積極的に体験しました。

☆ポイントは、受け手の体感!→ADL等を意識した動き!

移動支援に必要な動作だけでなく、日常動作まで立ち返りながらの動作指導は新鮮な感覚も多く、参加者からときおり驚いたような声も聞こえました。
特に、「受け手を体感」することによって得た感覚は、日々の業務や介護において「対象者に合わせた動作を行う」ことに確実につながるようでした。


■磯講師から
今日は業種、職種もさまざま、また現在介護をしていらっしゃる方にもご参加いただく研修会になりました。
実例に基づいた実践、皆さんが困っていらっしゃることについての実践などは次回、お目にかかる機会に行えたら幸いです。
皆さんには、今日の出会いと古武術を活用した身体動作を少しでも持って行っていただけるとうれしいです。そして、ご自分の身体動作に活かしてください。





4.閉会挨拶
閉会にあたって「せたがや移動ケア」の吉田 正理事長から、磯崎講師へ御礼の言葉が述べられました。
また、「事業者それぞれが業務を通じて持っている感覚や、介助・介護の技術をお持ちのことと思います。が、今日この場で初めて知ったことや感じたことを取り入れたり、さらに関心をもつことは大事だと思います。頑張りましょう」と結ばれました。



 吉田理事長


〈参加者の声・抜粋〉(アンケートから)
・今まで自分の力だけで介助していたことが、わかりました。
・今まであたりまえのように思っていたことが、くつがえされて楽しかったです。
・実践的な研修会、大変勉強になりました。これが少しでも使えるようにしたいと思います。
・今までしていたことをまっさらにしないと、習得できないと感じました。これから、今日教えていただいたことを意識して行動したいです。
・腰を入れて手のひら返し姿勢をキープできるように、日々意識したいと思います。
・互いに練習したいと思います。腰痛が出るときは、確かに意識していないときだったと思いました。
・腰痛体操で腰を引く体操を教えていただいたことがありましたが、その方法と似ていると思いました。立ち方を身につけて役立てたいと思います。ありがとうございました。
・相手を動かすのではなく、自分が動く。力を入れずに身体の動きを利用するので介助する側も、される側も負担が少ないことに驚きました。介助される側は、ファーストタッチの印象が大切で、古武術の方法だと、力強いのに、優しく感じました。日々、意識しながら実践していきたいと思いました。ぜひ、また受講したいと思います。
(写真・まとめ:スタッフ・石黒)


14:18 | 投票する | 投票数(5) | お知らせ
2020/01/27

羽根木公園・梅見のおでかけ

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者

今年も羽根木公園で28()~31()の期間で

43回せたがや梅まつりが開催されます。

 

期間中は野点・抹茶のサービスや琴曲演奏、俳句の講習会、ワークショップでの工作などの催し物。また、模擬店や物産展などの出店もあります。

 

今回もおでかけサポーターズが中心となり、羽根木公園の梅まつりを楽しむ「おでかけイベント」を企画しました。

 

盛沢山の催しの中春の訪れを感じてみませんか?

 

日 時:202029日(日) 

    1000~1500のうち1時間くらい滞在

    (お迎えのお時間をご指定下さい)


対象者:1人ではおでかけが困難な方と、そのご家族など。

参加費:片道500(区内在住の方に限る。付添いの方は無料)


※お申込みは2月3()までにお願いします。

 

主催:おでかけサポーターズ/せたがや移動ケア

協力:世田谷区福祉移動支援センター「そとでる」


お申し込みはFAX、お電話、またはメールにて承っております。

TEL
03-5316-6621(平日9~17時)
FAX03-3329-8311
MAIL
info@setagaya-ido.or.jp

こちらをクリックするとチラシをダウンロードできます

羽根木公園・梅見のおでかけ



18:06 | 投票する | 投票数(0) | イベント
2020/01/15

第3回 登録事業者研修会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者

202027日(金)18:30~20:00

「松原6丁目福祉施設」(旧たすけっと。松原6-41-12)に於いて、

2019年度 第3回「そとでる」登録事業者研修会を開催します。

 

テーマは、「交通事故にあわないために~最新のデータから~」です。

 

講師は、毎年お迎えしている“警視庁北沢警察署交通課”の皆様です。

移動支援業務に役立つ情報、みんなで楽しく体験する「クイックフィンガー」や、危険予知・事故防止の映像視聴を通じて、大切な情報や振り返りをいたしましょう。

登録事業者の皆様、ぜひお気軽にご参加ください。

 

こちらをクリックするとチラシをダウンロードできます。

2019年度第3回登録事業者研修会 


15:37 | 投票する | 投票数(3) | お知らせ
12345