そとでるロゴ
〒156-0056
世田谷区八幡山1-7-6
TEL:03-5316-6621
FAX:03-3329-8311
info@setagaya-ido.or.jp
[受付時間] 平日9:00-17:00
 
新着情報
・福祉有償運送運転者講習会のお知らせ(4/24)
・そとでるニュース4月号(4/24)
・求人:送迎ドライバー・添乗員(アルバイトスタッフ)募集のお知らせ(4/6)
・交通安全の勉強会報告(3/19)
・目黒川お花見クルーズのご案内(3/13)

・そとでるニュース3月号(3/13)
・第3回登録事業者研修会ご報告(2/21)
・そとでるニュース2月号
・東ちづる氏インタビュー(2/1)
・第4回登録事業者研修会のご案内(1/17)

・上野公園おでかけイベント開催!(1/15)
・そとでるニュース1月号
・「区民ふれあいフェスタ」参加!(1/2)

・高校生の「職業奉仕体験学習」(12/13)

・そとでるニュース12月号(12/12)

・福祉有償運送の運転者講習会(11/30)
・第3回登録事業者研修会のご案内(11/17)
・「全国フォーラム2017」参加(11/15)
・そとでるニュース11月号(11/13)

・登録事業者研修会 開催!(10/29)
・小学生の職場見学と体験(10/25)

・上野公園散策イベントご案内(10/23)

・そとでるニュース9月号(9/28)
・かご屋・木原正昭さんインタビュー(9/25)
・スタッフ研修「自己管理術」(9/20)

・第2回登録事業者研修会のご案内(9/1)
・江戸東京博物館おでかけツアー(8/22)
・「こどもデイうぃず」見学(8/7)

・求人:介護タクシー運転手募集(7/25)

・そとでるニュース7月号(7/13)
・認知症サポーター養成講座開催(7/12)
・「おでかけ勉強会」報告(7/11)

・世田谷地域事業者交流会 参加報告(6/5)
・ミニ研修(配車業務の向上)(5/29)

・HH世田谷・隅さんインタビュー(5/15)
・車椅子社会を考える会リンク追加(4/26)
・羽根木公園のお花見報告(4/25)

・梅を楽しむ「おでかけ」の報告(4/17)
・スタッフミニ研修会報告/医療(4/10)
※過去分はこちら
 
twitter / facebook
twitter / facebookでも情報をお届けしています。

↓クリック
twitter

↓クリック

 
QRコード
携帯からもご利用になれます!
QRcode
 
そとでるスタッフからの情報発信コーナーです。
ご意見等ありましたら、メールにてお気軽にご連絡ください!
 
スタッフブログ
12345
2018/04/24new

福祉有償運送の運転者講習会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
病院に行きたい
買い物に行きたい
友人に会いたい
でも障がいがあってなかなか出られない
そんな方たちの手助けを普通免許で気軽に始めてみませんか?

 
↓以前の講習の様子
1日目:2018年6月2日(土)  10:00-17:00
2日目:2018年6月3日(日)  10:00-16:00


(2日間の講習です。両日ともご参加ください。)

場所:世田谷区総合福祉センター 共同作業室
受講料(テキスト代含む):区民の方 6,500円 区外の方 8,500円

福祉車両への移乗や、車椅子乗車の方を乗せての運転実習等、
座学に実習を交えた実践的な講習です。

有償のボランティア活動のための講習会ですので、受講後は認定証も発行されます。
運転者を必要とする区内のNPO団体もご紹介します。
運転仲間や利用者さんと交流しながらいきいきと活動されている方々が、
新しいメンバーを待っていますよ!
車と人が好きな方の無理のない余暇活動としてピッタリです♪

こちらをクリックするとチラシがダウンロードできます.pdf


12:51 | 投票する | 投票数(0)
2018/03/16

「平成29年度 第4回 登録事業者研修会」開催!

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者

2018年2月18日(日) 14:00─15:30、第4回「そとでる」登録事業者研修会「移動支援に欠かせない!北沢警察署と楽しく学ぶ 注意点と安全の話」を開催しました(参加者14名。主催:世田谷区福祉移動支援センター「そとでる」。於:世田谷区立総合福祉センター 研修室)。

平成29年度 登録事業者研修会最後の回となる研修会は、昨年度の研修会にご参加の皆様から「ぜひ継続を!」とお声をいただいていた「北沢警察署交通課と確認する交通安全」の勉強会第2弾を行いました。

参加者一人ひとりが確認する運転の振り返りや、危険予測力のほか、過去の研修会で話題となることの多かった“自転車対策”を確認。また、普段なかなか知ることのない「都内・世田谷区内」の交通事故に関するデータを教えていただくことで、より具体的に「こんな点に注意しよう」「こんな心構えで運転しよう」と意識することを目的としました。

講師は昨年度の研修会で講師をお願いした波戸 雅文様(交通課交通総務係長、警部補)と、新たに古田 千佳様(巡査部長)をお迎えしました。主に波戸様のお話をメインとして、1時間半の研修会は進行していきました。



<研修会>(参加者:「そとでる」登録事業者、スタッフ等 14名)
■「移動支援に欠かせない! 北沢警察署と楽しく学ぶ 注意点と安全の話」


【プログラムと主な内容】

 

1. 開会挨拶/参加者自己紹介
司会・進行担当の外池 孝晋理事(「せたがや移動ケア」)より、平成29年度最後の研修会開催であることや開催に際して講師への御礼、研修会ご参加の皆様へのご挨拶がありました。


続いて、参加者全員から自己紹介があり、各自、研修会に対して目的・抱負などを話しました。
参加者には、これから「そとでる」の登録事業者となるご予定の方も!
開始前に名刺交換やスタッフとのやりとりが交わされ、全員が和やかな空気の中で自己紹介をしました。




2. 研修会
■講師: 波戸 雅文様(警視庁 北沢警察署 交通課 交通総務係長、警部補)、
              古田 千佳様(同、巡査部長)

 


■講座内容(参考:講話・資料の抜粋より)

   

・自己紹介~「警官になってからの歩み ~ どのような任務に就いてきたか」
・東京都内「事故多発交差点発生図」(平成28年)を読み取る:
  1)北沢署管内「大原交差点」が6位に!(平成28年人身事故件数11件)
  2)成城署管内「環八船橋交差点」12位、世田谷署管内三宿交差点21位 等
・東京都内の事故が多発する通りは?
・自転車乗用中の重傷事故発生について(「北沢交通安全情報」(北沢警察署発行))
・自転車利用者の交通事故の現状:
  1)自転車が関与した人身事故(平成29年中)10,949件、このうち世田谷区内の発生は775件で49区市町村別でワースト1位!(2年連続)
  2)平成29年中 北沢警察署管内の自転車が関与した人身事故は132件、これは管内で発生した交通人身事故総件数の39.5%を占め、97警察署(島部等を除く)中19位!
・交差点では必ず安全確認!
・危険を予測した運転をしよう!
・想定問題:
  「問題点」 1)一時停止の見逃し 2)優先意識の高さ
  「対応」 1)一時停止並列 2)優先道路であれども止まる
・DVD(資料映像「自転車事故の特性」)鑑賞
・クイズ:ビンゴゲームで「標識」を確認
・質疑応答:横断歩行者妨害の基準は?/過失割合について/自転車のナビラインについて  他

 


  
▲豊富な資料、配布グッズの数々全員参加のビンゴゲームで標識を確認


   
 ▲会場のあちこちで、「リーチ!」「ビンゴ!」と喜びの声が!




1時間半の研修会はお話、映像、クイズ、質疑応答と盛沢山の内容ながら、しっかりと情報が整理され、伝わってくる、大変わかりやすい内容でした。
また、波戸様、古田様の気さくなお人柄や交通安全への真摯な想いが参加者の胸に届き、波戸様が繰り返しお話しされていた「原点は、“基本に立ち返り、停止すること”」というお言葉が参加者の意識へとつながったように思います。
終始和やかな空気に包まれた会場でしたが、移動支援を行ううえで大切なことを確認する実り多い会となりました



3. 閉会挨拶
閉会に伴い、吉田 正理事長(「せたがや移動ケア」)から閉会のご挨拶がありました。

2年連続で講師をお願いした北沢警察署 交通課 交通総務係様に御礼を述べられたあと、自身の運転技術を過信しないこと、ベテランも新人もきちんと今回のような研修会に繰り返し参加することの重要性を話され、研修会は終了となりました。







<参加者の声・抜粋>(アンケートから)
・充実した講習でした。
・事前に調査いただいた事故のデータなどが良かった。
・警察の話で面白いのは初めて。波戸さんの人柄が伝わってきた。次回も波戸さんに講師をお願いしたい。
・世田谷区が自転車事故ワースト1になっているので、汚名返上するためにできることは協力したい。
・身近な交通安全意識を持つことができた。北沢警察署への親近感を持った。
・実際に警察の方から身近な事故発生地点等を聞けたので良かったです。
・危険な交差点や取締重点箇所など勉強になりました。楽しくわかりやすい研修会でした。
・自転車の事故が多いと知り、自分も自転車に乗る時に気をつけないといけないと思った。
・30~40代の自転車事故が多いと聞き、まさに自分の世代。無謀な運転にも心当たりがある。運転に過信があると思うが、今後は気をつけていこうと思った。
・事故の多い交差点が自分の家の近くにあり、状況がわかりやすい。白バイがいる所は違反が多いところでもあり、事故が多いところだとわかったので、気をつけようと思った。
・事故や違反取締の多い箇所など、波戸係長が事前に調べて下さり、内容が身近でわかりやすかったと思う。
・”守るべきものは守る”歩行者、自転車を優先して優しい運転を心がけていきたいと思います。
・“ここだけ話”や“標識ビンゴ”など、あっという間の楽しい時間でした。



 *ご参加くださった皆様、講師をお願いした北沢警察署交通課交通総務係・波戸様、古田様、ありがとうございました。新年度も「車と安全」をテーマに学びあい・実践につなげるような研修会を開催いたします。(研修会チーム) 



14:05 | 投票する | 投票数(2) | イベント
2018/03/13

目黒川お花見クルーズのご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者

バリアフリーイベントのお知らせです♪

目黒川お花見クルーズへのお誘い!

(福祉車両での送迎可能!)


2018年4月8日(日) 10時00分~14時00分

   
♪ 目黒川を水上タクシーでさかのぼります。
 川辺の桜を川の中から眺めてみませんか♪


参加費:4,000(主に乗船費用です)
対象者:乗船時に乗り降りの立位が可能な方(
車いす利用の方も同様です)は、とそのご家族様。募集定員24名ほど。


※6人乗り水上タクシー2隻を、潮位を考慮して10:30と12:00の2回に分けて運行します。
※自宅から福祉車両での送迎が必要な方は、片道1,000円で承ります
  (付添の方は送迎無料。世田谷区外の方の送迎は応相談。)
※昼食は天王洲アイルのレストランをご紹介いたします。
3月29日までにお申し込みください。
※企画時点での東京の開花予想から日程を決定しましたが、万一開花時期がずれても、目黒川を低床の水上タクシーで散策する貴重な経験を楽しめます。
※荒天の場合は中止です。

 < スケジュール >
(09:00  世田谷出発)
10:00 天王洲アイル集合
10:30 1組目12名乗船 11:40下船
12:00 2組目12名乗船 13:10下船
10:30~13:10 乗船合間に食事など
14:00 天王洲アイルから世田谷へ帰途


主催:おでかけサポーターズせたがや移動ケア
協力:世田谷区福祉移動支援センター「そとでる」


お問い合わせ、お申込みはお気軽に「そとでる」までどうぞ!

こちらからチラシのダウンロード、印刷できます。.pdf


10:02 | 投票する | 投票数(1)
2018/02/20

「平成29年度 第3回 登録事業者研修会」ご報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者

2017年12月13日(水) 18:30─20:30、第3回「そとでる」登録事業者研修会「介護車両運行におけるリスクマネジメント─事故発生による我々の責任」を開催しました(参加者14名。主催:世田谷区福祉移動支援センター「そとでる」。於:北沢タウンホール第2集会室)。



平成29年度 第3回目の登録事業者研修会は、昨年度「車と安全」をテーマに開催した研修会につづくものとして企画、「ためになる!」、「専門家ならではの視点が新鮮!」と好評だった“保険のプロ”を、再び講師にお迎えしました。


講師の今井田 俊行様(保険代理店 ノバリ株式会社)は、常日頃の業務において蓄積された様々な事例、その対処などから実感されている「交通事故における事業者の責任」について、資料や映像をもとにわかりやすくご説明くださいました。



<研修会>(参加者:「そとでる」登録事業者、スタッフ等 14名)
■「介護車両運行におけるリスクマネジメント─事故発生による我々の責任」


【プログラムと主な内容】
1. 開会挨拶/参加者自己紹介
司会・進行役の外池 孝晋理事(「せたがや移動ケア」)から開催に際して、研修会ご参加の皆様へのご挨拶と研修会の趣旨などが話されました。
続いて、参加者全員が短く自己紹介をし、研修会参加の目的・抱負などを話しました。
登録事業者の方々のほかに、講師の知人や、事業者の知人でこれから開業予定の方…など、初めてご参加される方もいらっしゃり、「車と安全」、「保険」への関心の深さを感じました。

 


2. 研修会
■講師: 今井田 俊行様(総合保険 保険代理店 プロエージェントグループ ノバリ株式会社)


■講座内容(参考:講話・資料の抜粋より)

・事故の原因が『運転技術の優劣』という誤解
  自動車の運行は、1.認知、2.判断、3.操作
・認知の重要性
  自分の車の『死角』を十分に理解できていますか?
・認知レベルを上げるために
  死角を理解したうえで、事故は減らせる!
・事故の事例
  障害物との接触事故/信号のない交差点での接触/信号待ちでの追突事故
・交通事故における事業者の責任
  加害者の民事上の責任/加害者の刑事上の責任/行政上の責任/道路運送法による取締り 他
・事故例の検証
  ドライブレコーダー画像による事故の検証
・検証からわかること
・最後に─ 自動車事故過失割合は理不尽に思うことがたくさんある─ なぜか? 他



研修会は今井田様のお話と資料を中心に、映像や参加者の声をまじえながら進行しましたが、
特に「まずは自分自身の運転行動自体を変えること」という言葉が印象に残りました。

「道路交通法は『ドライバー的な常識』ではなく、“子どもレベル”の、運転する前提のない人の常識と言っても良い。
自動車は走っているだけで凶器であり、常に危険と隣り合わせであることが大前提。
ドライバーは常にその責任を強く意識して、運転をしなければならない。
そのために、必要以上スピードを出さず、広く視野を持ち、目視により必要な情報を得て、『正しく認知』『判断』できるような時間を確保しましょう」というお話は、研修会のまとめとして参加者全員の心に届きました。


3. 閉会挨拶
閉会に伴い、望月 明夫副理事長(「せたがや移動ケア」)から閉会のご挨拶をいただきました。

望月副理事長は、今井田様、参加者への御礼を述べられ、「このような内容の研修会は、繰り返し行うことに意味がある。新人はもちろん、できればベテランも定期的にこのような会で安全を確認しましょう」とお話しされました。

また、今井田様が「皆さんがとても真剣に聞いてくださっていたので非常に話しやすく、私にとっても楽しい時間となりました。ありがとうございました」とお話しされて、会場はあたたかな空気に包まれました。


<参加者の声・抜粋>(アンケートから)
・このような研修は定期的に行って欲しい。
・事故等発生の再確認ができたと思います。
・リアルな事例を含めて、運転者の立場に立ってのアドバイスが大変参考になった。
・「自動車とは走っているだけで凶器であり、常に危険と隣り合わせ」であることを思い出し、急ぐことなく、注意・確認を怠ることのないよう十分に注意していきたいと思いました。1秒の不注意で被害者、加害者、またその家族を不幸にしてしまわないように。
・質疑応答の時間(後半40分くらい?)をもっと設けて欲しい。
・もっと動画・図解を多用して欲しい。
・参加者、事業者自身が気をつけていること。 工夫していることを紹介しあう機会もあって良いと思います。
・運転をしていると交通ルールを知らない子ども、自転車、高齢者の予測不能な動きにヒ

ヤッとさせられる時があります。しかしながらそのような人たちの安全を確保することがドライバーの責任であり、1秒の不注意、焦り、格好つけた運転で重大事故を起こし、被害者を生み、犯罪者になりかねないということを常に肝に銘じ、意識して運転を行っていかなければならないと思いました。

*ご参加くださった皆様、今井田様、長時間、ありがとうございました。今後も「車と安全」については研修会を行う予定です。ぜひ、ご参加ください!(研修会チーム) 


 


14:27 | 投票する | 投票数(2) | イベント
2018/01/15

事業者研修会「北沢警察署交通課と楽しく学ぶ 注意点と安全の話」

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
17年2月18日(日)、14時~15時半、
世田谷区立総合福祉センター・研修室(松原6-41-7)で「平成29年度第4回登録事業者研修会」を開催します。

テーマは「北沢警察署交通課と楽しく学ぶ 注意点と安全の話」。

今年度最後の事業者向け研修会となる今回は、昨年に引き続き警視庁北沢警察署交通課から講師をお迎えし、「日ごろの運転の振り返り」から運転時に注意したい場所や交差点などを解説いただきます。
交通課ならではのエピソードを交えて盛りだくさんの内容でお話をうかがえます。
直接、警察署交通課の方にお話を伺えるというこの貴重な機会、ぜひお気軽にご参加ください!!

こちらをクリックするとダウンロードできます。

こちらからダウンロード・印刷ができます.pdf

13:32 | 投票する | 投票数(1)
12345