そとでるスタッフからの情報発信コーナーです。
ご意見等ありましたら、メールにてお気軽にご連絡ください!
 
スタッフブログ >> 記事詳細

2021/03/12

災害時における移送業務協力

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
2021年3月3日、世田谷区役所の区長室応接室において、
「そとでる」を運営する特定非営利活動法人せたがや移動ケアと、
世田谷区の「災害時における移送業務協力に関する協定」締結式が行われました。

世田谷区からは保坂区長、片桐障害福祉部長、秋山秘書課長が出席され、
移動ケアからは吉田理事長、望月副理事長、鬼塚事務局長、佐藤事務局スタッフが出席し、
協定書を取り交わすことができました。

この協定は、災害による通行止めなどが予想されるなか、
高齢や障害により自力での避難が難しい方を避難所に送迎することを想定し、
緊急通行車両の事前届出を行い、
災害時に運行に協力できる事業者と対象車両を区と情報共有するためのものです。

あの大きな震災の日から10年が経ちました。
当日は「そとでる」スタッフも身の危険を感じ、
手を取り合って事務所の入り口まで出て、
大きく揺れる電線を見ながら揺れが止むのを心待ちにしたものです。 

その後も、ガソリン供給不足により、
登録事業者同士で各ガソリンスタンドと待ち時間等の情報を共有したり、
日常とは異なる日々を過ごしました。

今後も首都直下地震などが予想されるなか、
福祉移動においても災害対応は非常に重要な課題です。

「そとでる」では災害時マニュアルを作成し、スタッフ研修を通して、
より一層、災害に備えていく構えです。

スタッフ研修の様子は近日報告いたします。


☆調印式に参加したスタッフ
佐藤事務局スタッフの感想☆

3月3日、世田谷区役所にて調印式が行われ、
その貴重な瞬間に立ち会うことができました。
高齢の方、障害のある方は、災害時は平常時よりさらに弱者となります。
避難が必要な時に、「そとでる」も力になれるように、
気を引き締めて準備をすすめていきたいと感じました。


11:51 | 投票する | 投票数(1) | お知らせ