そとでるロゴ
〒156-0056
世田谷区八幡山1-7-6
TEL:03-5316-6621
FAX:03-3329-8311
info@setagaya-ido.or.jp
[受付時間]
平日9:00-17:00
 
新着情報
・コロナ禍の在宅介護(4/26)
おトイレ問題、コータリさんからの手紙(4/19)
・そとでるニュース4月号(4/15)
・「初夏の野川公園」イベントのご案内(4/14)
介護小説「母の遺産 新聞小説」(3/22)
・そとでるニュース3月号(3/19)
災害時における移送業務協力(3/12)
利用者インタビュー~元井優子さんの筋トレ(3/5)
・そとでるニュース2月号(2/22)
アクセシブル・ツーリズム(2/16)
全国フォーラム2020報告(2/15)
多目的トイレについて(2/8)
ヘルプマークをご存知ですか?(2/5)
・「第12回せたがや福祉区民学会」に参加(2/2)
・そとでるニュース1月号(1/12)
・そとでるニュース12月号(12/23)
・年末年始の休業のお知らせ(12/22)

・スタッフ向けミニ研修会開催(11/28)
・運転者講習会のお知らせ(11/25)
・そとでるニュース11月号(11/24)
・2020年度第2回登録事業者研修会 開催!(11/12)
・そとでるニュース10月号(10/20)
キャッシュレス決済活用法セミナー(10/9)
・第2回登録事業者研修会のお知らせ(9/18)
・そとでるニュース9月号(9/16)
野村一路氏インタビュー(8/27)
・そとでるニュース8月号(8/12)
・そとでるニュース7月号(7/22)
「ミニ研修会」開催(6/24)
・そとでるニュース6月号(6/23)
従来の業務時間に戻ります(6/1)
・そとでるニュース5月号(5/19)
・業務時間短縮の期間延長及びGW休業のお知らせ(5/1)

スタッフ向けミニ研修会開催(4/27)
・「そとでる」スタッフの外部研修報告(4/23)
・せたがや梅まつりで「おでかけイベント」とPR(4/23)
・そとでるニュース4月号(4/21)
「世田谷区障害者福祉団体連絡協議会の交流会」に参加(4/21)

・【重要】業務時間短縮のお知らせ(4/11)


過去の情報はこちら←click


 
twitter / facebook
twitter / facebookでも情報をお届けしています。

↓クリック
twitter

↓クリック

 
QRコード
携帯からもご利用になれます!
QRcode
 
そとでるスタッフからの情報発信コーナーです。
ご意見等ありましたら、メールにてお気軽にご連絡ください!
 
スタッフブログ >> 記事詳細

2021/03/03

利用者インタビュー~元井優子さんの筋トレ

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
今回は「そとでる」利用者で車椅子ユーザーの元井優子さんに、
インタビューさせていただきました。

2019年11月からジムでのトレーニングを始められ、
パワーアップしていく様子をFacebookやInstagramで公開されている元井さん。
トレーニングのことを中心にお話をうかがってみました。
では、早速どうぞ!


ー ジムでのトレーニングが長年の夢だったそうですね。
通いたくても適したジムがなかなか無かったということでしょうか?


元井さん 私と筋トレとの出会いは5年程前に手術後入院したリハビリ病院での事でした。そこではリハのメニューの中に筋トレがあり、院内のトレーニングジムにはトレーナーも常駐していました。

入院中すっかり筋トレにハマった私は退院後、すぐに自宅近所の一般的なジムに見学を申し込みましたが、車椅子ユーザーであることを理由に断られました。それですっかり諦めかけた頃でしたか、(車椅子ユーザーの)友人がFacebookにトレーニング風景を投稿したのを見つけ早速連絡したところ、快く”ユニバーサルジム”ファンクショナル南青山を紹介して下さったのです。

このジムは何と!!会員の約4割が障がい者だそうで、代表の佐藤氏の障害に対する考え方に感銘を受けた私は、ジムを体験見学した当日に即入会を決めた次第です。ジムの詳細は是非HPをご覧いただければ幸いです。

Functional南青山パーソナルジムHP
https://functionalgym.co.jp/



ー ジム通いは車を運転して行かれていますか?それとも電車でしょうか?


元井さん 駅近なので、自分一人で電車で行く日が多いですが、駐車場完備のジムですから、主人が休みの日はマイカーでの送迎と、私のトレーニング風景を撮影するカメラマンをやってくれています。


ー 素敵なご夫婦ですね!トレーニング内容は、車椅子ユーザーとして腕の筋力や全身を支える筋肉の温存や強化を第一に考えて、ということになるのでしょうか?


元井さん 一番の目的としては特に脚の筋力アップです。日常的に手動車椅子で外出する機会が多く、ちょっとした段差や上り坂など、バリアフリーでない場所もまだまだ身近にあるので、一人で何処に行っても困らないよう体を鍛えています。でも、ひそかにカッコいい腹筋=シックスパックも目指してます(笑)。


ー いつの日か、シックスパックの元井さんのお姿を見てみたいです!
さて、ジムの最寄の青山一丁目駅ですが、お手洗いの鏡に傾斜が付いてなくて高い位置にあり、お顔が写らないとか。実際に使う立場の方と一緒に設計するか、少なくとも設計最終段階で検証してもらえば、こんなことは起こらないはずです。当事者の声が反映されていないと感じるところは他にもありますか?

私個人としては、「そとでる」イベントのBBQ途中で一緒にお手洗いに行くときに、多目的トイレが遠いところにしかなく、「障がい者がお酒飲まないと思ったら大間違い。なんで遠いところにしかないの」って元井さんがおっしゃってたのが印象的です。設備としてあるにはあるけれど、不便っていうところも多いんだと思います。


元井さん 不満を挙げればキリが無いですが、例えばレストラン等に食事に行くと、こちらが頼みもしないのに、お店の方が勝手に判断して座席を決めてしまったり、あるいはイスを使わないだろうと片付けてしまわれるのには閉口します。私の場合は備え付けの椅子に移乗でき、そのほうが身体的にも楽なので…。

同じ理由で、コンサートや観劇・スポーツ観戦等に行っても、車椅子専用スペースに案内されるのは私にとっては不便です。車椅子ユーザーは全員が全員同じだって勘違いしている方が案外多いのかな?


ー それぞれ違うニーズがあると気づけるほど接点が無いのも原因かもしれないですね。テレビでも車椅子ユーザーが登場するというと、Eテレのバリアフリー系の番組、24時間テレビや「ビューティフルライフ」などのドラマが思い浮かびます。

自治体や大きな企業であれば車椅子ユーザーが働いているのが現状なのに、「主人公の同僚が車椅子ユーザー」など、市井の人々として描かれている場面はなかなか無い。
メディアの力は大きいので、そこが変わってくると世間への浸透も早いと思うのですが・・・。


元井さん ”その手”のドラマは、うまく表現できないのですが、「何か違和感」を感じるので、昔から個人的に好きではなく、殆ど観ませんけれども…しかし、障がい当事者が番組に出たり、SNS等で情報発信することはとっても大切だと思っています。

私自身もファンクショナル南青山のような、障がい者が気軽に通えるユニバーサルジムが世間にもっと認知されて、どんどん増えていって欲しいなぁという想いから、
InstagramやFacebookを始めるこにしましたので。なので、そういった番組の作り手や出演者が当事者であることは大変大切なのではないのでしょうか。


ー 本日は貴重なお話、ありがとうございました!
またコロナ禍を脱してイベントなどでお会いできる日を楽しみにしています!




【元井優子さん SNS情報】
トレーニング動画も公開されています!
ご興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。
 Facebook Instagram
 https://www.facebook.com/profile.php?id=100037576490378 https://www.instagram.com/noritamaka.f/
  


【インタビュー】スタッフ荒木
【お写真】ジムのご承諾のうえで
元井さんご夫婦に提供していただきました


11:51 | 投票する | 投票数(2) | お知らせ