そとでるロゴ
〒156-0056
世田谷区八幡山1-7-6
TEL:03-5316-6621
FAX:03-3329-8311
info@setagaya-ido.or.jp
[受付時間] 
平日9:00-17:00

通話は内容の確認とサービス向上のため録音させていただいています。ご了承くださいませ。
 
新着情報
・瑞典(スウェーデン)日記06(1/11)
・そとでるニュース1月号(1/6)
・年末年始休業のお知らせ(12/27)
・瑞典(スウェーデン)日記05(12/25)
10周年記念会のご報告(12/20)
・第2回登録事業者研修会のお知らせ(12/12)
通話録音をご了承くださいませ(12/9)
・そとでるニュース12月号(12/9)
雨の深大寺へおでかけしました!(12/8)
・運転者講習会のお知らせ(12/7)
・そとでるニュース11月号(11/10)
・ホームページ閲覧不可のお詫びと復旧のお知らせ(11/10)
・瑞典(スウェーデン)日記04(10/31)
・そとでる10周年記念企画(10/26)
・深大寺おでかけイベントのおしらせ(10/12)
・そとでるニュース10月号(10/7)
・過去の情報のインデックス整備(10/4)
・「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム」の申し込み開始!(9/29)
・10月6日は世界脳性まひの日(9/26)
・せたがや移動ケアの活動紹介動画(9/20)
・そとでるニュース9月号(9/10)
・交通規制のお知らせ(8/29)
・「介護タクシー忙しい人・ヒマな人」開催(8/26)
・そとでるニュース8月号(8/9)
・「玉川おでかけバス」テスト運行報告会のお知らせ
・三浦半島おでかけイベントのお知らせ(8/2)
・そとでるニュース7月号(7/23)
・瑞典(スウェーデン)日記03(6/30)
・親のサ高住手配で考えた~スタッフ体験記(6/15)
・そとでるニュース6月号(6/10)
・瑞典(スウェーデン)日記02(5/26)
・第1回登録事業者研修会のお知らせ(5/20)
・そとでるニュース5月号(5/16)
・運転者講習会のお知らせ(4/25)
・そとでるニュース4月号(4/14)
・瑞典(スウェーデン)日記01(4/11)


過去の情報はこちら←click




 
twitter / facebook
twitter / facebookでも情報をお届けしています。

↓クリック
twitter

↓クリック

 
QRコード
携帯からもご利用になれます!
QRcode
 
そとでるスタッフからの情報発信コーナーです。
ご意見等ありましたら、メールにてお気軽にご連絡ください!
 
スタッフブログ >> 記事詳細

2020/04/21

「世田谷区障害者福祉団体連絡協議会(連協)の交流会」に参加

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
2020年2月2日(日)11:00~14:00、北沢タウンホール12階スカイサロンにて「連協交流会」が開催されました。(参加者:45名(連協構成の各団体から)+その他の関係者)

 ◆「交流会」参加団体
NPO法人ヒューマンハーバー世田谷、世田谷区重症心身障害児(者)を守る会、NPO法人自立の家、公益社団法人日本オストミー協会東京支部世田谷交流会、NPO法人世田谷さくら会、NPO法人世田谷区視力障害者福祉協会、世田谷パーキンソン病友の会、NPO法人せたがや移動ケア、世田谷区身体障害者福祉協会、ふたばの会、世田谷生活と健康を守る会障がい部会、世田谷同友会、NPO法人世田谷ミニキャブ区民の会、世田谷区肢体不自由児(者)父母の会、事務局(障害施策推進課)
◆その他
世田谷区社会福祉協議会、世田谷ボランティア協会、あみ∞あむ、ホームページ担当者、奏者
(以上、配布資料掲載順)



この交流会は「連協」初の開催となるもので、構成団体の親睦を目的に開かれました。
会は総合司会・大竹 博さん(NPO法人世田谷区視力障害者福祉協会)、開会挨拶・村井 やよいさん(連協会長、世田谷区重症心身障害児(者)を守る会)、乾杯音頭・隅 一清さん(NPO法人ヒューマンハーバー世田谷)、閉会挨拶・板 ますみさん(連協副会長、世田谷区肢体不自由児(者)父母の会)、フロア責任者・小林 祐美さん(NPO法人自立の家)、ほか多くの方々のお力で進行しました。

特筆したいのは、「参加者全員」の自己紹介と所属団体紹介です。
総合司会の大竹さんのたくみなリードによって、団体の紹介だけでなく、一人ひとりの想いや連協への想い、希望などをうかがうことができました。
「せたがや移動ケア」(「そとでる」)からは、吉田 正理事長、鬼塚 正徳事務局長のほかスタッフ2名(泉谷、石黒)が参加。吉田理事長が移動支援の大切さを訴えると共に、連協構成団体の皆様をつなぎ、お出かけを支援する役目を担いたいというメッセージを発信しました。

交流会では各団体の課題、想いをうかがえたこと、顔合わせすることによって別の場で出逢ったときに気軽に交流が生まれるのでは?という期待をもつことができました。

開催を企画してくださった皆さん、貴重な場をありがとうございました。
(写真・まとめ:スタッフ・石黒)


07:19 | 投票する | 投票数(5) | イベント