そとでるロゴ
〒156-0056
世田谷区八幡山1-7-6
TEL:03-5316-6621
FAX:03-3329-8311
info@setagaya-ido.or.jp
[受付時間] 
平日9:00-17:00

通話は内容の確認とサービス向上のため録音させていただいています。ご了承くださいませ。
 
新着情報
・瑞典(スウェーデン)日記06(1/11)
・そとでるニュース1月号(1/6)
・年末年始休業のお知らせ(12/27)
・瑞典(スウェーデン)日記05(12/25)
10周年記念会のご報告(12/20)
・第2回登録事業者研修会のお知らせ(12/12)
通話録音をご了承くださいませ(12/9)
・そとでるニュース12月号(12/9)
雨の深大寺へおでかけしました!(12/8)
・運転者講習会のお知らせ(12/7)
・そとでるニュース11月号(11/10)
・ホームページ閲覧不可のお詫びと復旧のお知らせ(11/10)
・瑞典(スウェーデン)日記04(10/31)
・そとでる10周年記念企画(10/26)
・深大寺おでかけイベントのおしらせ(10/12)
・そとでるニュース10月号(10/7)
・過去の情報のインデックス整備(10/4)
・「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム」の申し込み開始!(9/29)
・10月6日は世界脳性まひの日(9/26)
・せたがや移動ケアの活動紹介動画(9/20)
・そとでるニュース9月号(9/10)
・交通規制のお知らせ(8/29)
・「介護タクシー忙しい人・ヒマな人」開催(8/26)
・そとでるニュース8月号(8/9)
・「玉川おでかけバス」テスト運行報告会のお知らせ
・三浦半島おでかけイベントのお知らせ(8/2)
・そとでるニュース7月号(7/23)
・瑞典(スウェーデン)日記03(6/30)
・親のサ高住手配で考えた~スタッフ体験記(6/15)
・そとでるニュース6月号(6/10)
・瑞典(スウェーデン)日記02(5/26)
・第1回登録事業者研修会のお知らせ(5/20)
・そとでるニュース5月号(5/16)
・運転者講習会のお知らせ(4/25)
・そとでるニュース4月号(4/14)
・瑞典(スウェーデン)日記01(4/11)


過去の情報はこちら←click




 
twitter / facebook
twitter / facebookでも情報をお届けしています。

↓クリック
twitter

↓クリック

 
QRコード
携帯からもご利用になれます!
QRcode
 
そとでるスタッフからの情報発信コーナーです。
ご意見等ありましたら、メールにてお気軽にご連絡ください!
 
スタッフブログ >> 記事詳細

2012/06/12

八幡山一丁目便りVol.5

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者

.。.:*.。.:*.。.:*..。.:*.。.:*.。.:*..。.:*.。.:*.。.:*..。.:*.。.:*.。.:*..:*.。.:*.

「八幡山一丁目便り」と題して、「そとでる」の各スタッフが
日常のなかで感じた様々な思いを綴っていきたいと思います。
記事の右下の緑字「八幡山一丁目便り」をクリックすると、
まとめ読みもできます。
では第5号をお届けします!

.。.:*.。.:*.。.:*..。.:*.。.:*.。.:*..。.:*.。.:*.。.:*..。.:*.。.:*.。.:*..:*.。.:*.


<八幡山の想い出>
 
私は戦後間もないころ現在の八幡山1丁目の隣町(南烏山1丁目)に生まれた。
少年時代として記憶が残っているのは、
当時の京王線芦花公園駅と八幡山駅の間の南側一帯(八幡山1~3丁目)
は遥か見渡す田園地帯であった。

水田に小川が流れ込んでおり、エビガニ・どじょう・イナゴもたくさん採れた。
当時通っていた小学校には校舎が足らず、しばらくの間時差通学であった。
遅い時間の登校日には朝から田んぼを飛び回り、
学校に行くのをすっかり忘れてしまったことがある。
そのたびに母は血眼になって私を探したそうである。

現在この辺りは、環状八号線が通り大きな団地とたくさんの住宅があり、
当時の面影はほとんど消失している。
松沢病院と芦花公園の木立らが当時の貴重ななごりかもしれない。

八幡山2丁目辺りには戦時中、現・都立新宿高校のグラウンドがあり
グライダーが飛んでいたことなど知る人も少なくなっているのかもしれない。
江戸時代には彦根藩・井伊家の領地であり、
その御林地で炭焼きがさかんにおこなわれていたそうである。
さらに、おどろいたことには、古代には縄文人が住んでいたらしい
(八幡山2丁目辺りの烏山緑道にそのことが記してある)。
そんな想い出と歴史のある素晴らしい町、八幡山である。

さて、世田谷区福祉移動支援センター“そとでる”は八幡山1丁目八幡社のそばに位置する。
私は、今年3月世田谷区のホームページにアクセスした折、そのリンク先からこの組織を知ることとなる。
最近までの13年間母を介護した経験から、この組織の活動内容に非常に興味を持ち、
早速この4月より仲間入りをした。
日々勉強、福祉移動支援の仕事に悪戦苦闘しながらも、
楽しく一生懸命取り組んでいるところである。
                        

記:HI



10:12 | 投票する | 投票数(3) | 八幡山一丁目便り