そとでるロゴ
〒156-0056
世田谷区八幡山1-7-6
TEL:03-5316-6621
FAX:03-3329-8311
info@setagaya-ido.or.jp
[受付時間] 
平日9:00-17:00

通話は内容の確認とサービス向上のため録音させていただいています。ご了承くださいませ。
 
新着情報
・瑞典(スウェーデン)日記06(1/11)
・そとでるニュース1月号(1/6)
・年末年始休業のお知らせ(12/27)
・瑞典(スウェーデン)日記05(12/25)
10周年記念会のご報告(12/20)
・第2回登録事業者研修会のお知らせ(12/12)
通話録音をご了承くださいませ(12/9)
・そとでるニュース12月号(12/9)
雨の深大寺へおでかけしました!(12/8)
・運転者講習会のお知らせ(12/7)
・そとでるニュース11月号(11/10)
・ホームページ閲覧不可のお詫びと復旧のお知らせ(11/10)
・瑞典(スウェーデン)日記04(10/31)
・そとでる10周年記念企画(10/26)
・深大寺おでかけイベントのおしらせ(10/12)
・そとでるニュース10月号(10/7)
・過去の情報のインデックス整備(10/4)
・「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム」の申し込み開始!(9/29)
・10月6日は世界脳性まひの日(9/26)
・せたがや移動ケアの活動紹介動画(9/20)
・そとでるニュース9月号(9/10)
・交通規制のお知らせ(8/29)
・「介護タクシー忙しい人・ヒマな人」開催(8/26)
・そとでるニュース8月号(8/9)
・「玉川おでかけバス」テスト運行報告会のお知らせ
・三浦半島おでかけイベントのお知らせ(8/2)
・そとでるニュース7月号(7/23)
・瑞典(スウェーデン)日記03(6/30)
・親のサ高住手配で考えた~スタッフ体験記(6/15)
・そとでるニュース6月号(6/10)
・瑞典(スウェーデン)日記02(5/26)
・第1回登録事業者研修会のお知らせ(5/20)
・そとでるニュース5月号(5/16)
・運転者講習会のお知らせ(4/25)
・そとでるニュース4月号(4/14)
・瑞典(スウェーデン)日記01(4/11)


過去の情報はこちら←click




 
twitter / facebook
twitter / facebookでも情報をお届けしています。

↓クリック
twitter

↓クリック

 
QRコード
携帯からもご利用になれます!
QRcode
 
そとでるスタッフからの情報発信コーナーです。
ご意見等ありましたら、メールにてお気軽にご連絡ください!
 
スタッフブログ >> 記事詳細

2017/10/24

「そとでる」訪問 ─ 小学生の職場見学と体験

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者

ふだん見ることのない保護者の、働く姿を見ることができる「子ども参観」。
「職場見学」と同様、積極的に実施している自治体や企業が徐々に増えていますが、夏休み終盤のある日、スタッフのお子さん2名が「そとでる」を訪問しました。子どもたちからいただいた貴重な感想をご紹介します。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

この日(2017年8月22日(火) 12 : 00─14 : 00)見学に来たのは、世田谷区内の小学校に通う6年生と3年生の兄弟。実は2人は、配車業務や「そとでるニュース」発行を担当しているスタッフのお子さんです。
学校の課題ということではなく、ふらりと母親が働く様子を見学にいらっしゃいましたが、思いがけず登録事業者(「マアクン介護タクシー」)の山本 正明さんから介護タクシーについてのご説明をちょうだいすることに。
ご利用者に乗車いただく際の流れ・動作について、詳しく説明していただきました。

  

特に、兄弟で車いすに「実際に座ってみる」「自分で押してみる」という体験では、新鮮な驚きを感じていたようでした。

   


「次世代育成支援対策」
(参考:https://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/siryo/26zentaiban.pdf
 P.12)の一環である「子ども参観」ですが、このような子どもの見学日(参観日)をもうけることは、本人はもちろん、親、さらにその職場で働く者にとっても大変刺激的です。
大げさにかまえることなく、自然に「子ども参観」や「職場体験」を行うことは、体験した家族にとってはもちろん、職場のスタッフにとっても来訪者へのわかりやすい説明やミッションの再確認になりうる「有意義な時間」と、実感しました。



「見学・体験の感想」

●介護タクシーを見学して、実際に車いすを操作しながら教えてもらいました。車いすを押す時、重くてなかなか前に押すことができませんでした。
他にもブレーキを握りながら車いすのロックをかけたり、介助したりするときに、ロックのレバーに手が届きませんでした。
このようなたくさんの大変なことを毎日しているんだなーと思いました。
(小学校3年生 Sくん)

●今回の見学では、これまであまり興味のなかった介護タクシーに積まれているストレッチャーや車いすを見せてもらいました。そのあと、車いすに乗せてもらって「車いすの押し方」「車いすを押す時に大切なこと」を教えてもらいました。特に、車いすを止める時に、レバーをおろさないといけないということが大切だと思いました。今後、自分が車いすを押す時に活かせたらいいなと思います。
そして、体の不自由な人のことについて少し教えてもらい、その人たちの大変さが少しだけわかりました。
次に自分が車いすに乗ってみて、タクシーに乗る時に揺れて不安なんじゃないかと思ったけれど、シートベルトなどでしっかり固定してもらったので、「安心するなぁ」と思いました。
他にも、事務所の中で介護タクシーの手配をしているところなどを見て、「ひとりの利用者のために、何人かの人たちがいろいろなことをやっている」ことがわかりました。僕はこの見学を通して、貴重な体験ができて良かったです。
・印象に残ったこと: 体の不自由な人には、その人のペースにあわせることが大切だということです。
・最後に思ったこと: 今回のように、体の不自由な人のこと、介護タクシーについてなどの見学会を開いたら良いと思います。なぜなら、そういうことを自分がわかっていれば、必ず何かにつながると思うからです。
(小学校6年生 Tくん)


笑顔と緊張のいりまじったひととき。皆さん、お疲れさまでした。
(「マアクン介護タクシー」さん、ご協力ありがとうございました) 


 


23:54 | 投票する | 投票数(5) | イベント