そとでるロゴ
〒156-0056
世田谷区八幡山1-7-6
TEL:03-5316-6621
FAX:03-3329-8311
info@setagaya-ido.or.jp
[受付時間]
平日9:00-17:00
 
twitter / facebook
twitter / facebookでも情報をお届けしています。

↓クリック
twitter

↓クリック

 
QRコード
携帯からもご利用になれます!
QRcode
 
そとでるスタッフからの情報発信コーナーです。
ご意見等ありましたら、メールにてお気軽にご連絡ください!
 
スタッフブログ >> 記事詳細

2021/07/02

本の紹介「福祉車両とバリアフリー」

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
八幡山一丁目だより

キッズ、YA(ヤングアダルト)におすすめの本
 ─ 家族、老い、介護を中心に No.3

こまったとき、相談できる ともだち。
うれしいとき、かなしいとき、そばにいる ともだち。
本をひらくと、そんなともだちに出会えるかもしれません。


福祉車両は、
バリアフリー化がおこなわれた
自動車とも考えられます。

(本文より)

「生産・環境・福祉 日本の自動車工業
          5.福祉車両とバリアフリー」

鎌田  実  監修
岩崎書店(初版:2015年3月20日)
*本書は、全5巻のうちの1冊です。
(小学校中高学年から)(*本文より引用)


あなたは、「福祉車両」(ふくししゃりょう)ということばを聞いたことが ありますか?

「そとでる」のホームページで、このページを読んでいるあなたなら、
「福祉車両」を知っているかな?

もしかしたら、家族や あなた自身が利用しているかもしれません。
まちなかで見た人も いるかも…。

手元の教科書を開くと、
小学1年生で「じどう車くらべ」、「じどう車ずかん」を、
5年生では「過ごしやすい町」について勉強し、
街の中のバリアフリー、交通バリアフリーなどを学ぶ、とあります。(光村図書出版より)

この本には、「調べ学習」に役立つ、
「福祉車両とバリアフリー」のことが くわしく書いてあります。


・福祉車両とは
・介護式福祉車両
・自操式福祉車両
・いろいろな福祉車両


これら「自動車と福祉」のかかわりを学びながら、
からだが不自由な高齢者の乗り降りや、
からだに障がいをもつ人の乗り降り、
運転に求められる自動車がどのようなものか…を考えていきます。

おや、「自動車、大好き! でも、文章を読むのが苦手…((-_-;))」という
乗りもの好きさん。
ちょっと まって!
写真がたくさんあるから、
車いすのまま、乗ったり、降りたりする仕組みなどもわかりやすいですよ!

「福祉車両」のひみつをいっぱい読んで、
「乗りごこちは どんなかな?」と 気になる人。
「これから、どんな自動車が開発されていくんだろう」と 未来が気になる人。
もっと、「福祉」について知りたい!人。

この本をきっかけに、学校の勉強以外でも、
家族や まわりの人と話しあえたらすてきですね。

今回は「調べ学習」に役立つ本を紹介しました。
学校図書館・公共図書館の「5類」(工業・環境)の棚をさがしてください。
「3類」(社会科学)の「福祉」も、あわせて調べると良いでしょう。
(むずかしかったら、近くの大人に聞いてください)

監修の鎌田 実さんは、高齢社会におけるまちづくり、交通、生活支援工学などの研究者で、本の発行時、
東京大学大学院教授をされていた方です。
・キーワード:福祉  環境  高齢化社会

*「そとでる」ホームページにも「福祉車両」の運転手さんの話がのっているので、
活用してください。

(スタッフ・石黒)(イラスト Copyright @ISHIGURO 2021)

11:21 | 投票する | 投票数(8) | 八幡山一丁目便り