そとでるロゴ
〒156-0056
世田谷区八幡山1-7-6
TEL:03-5316-6621
FAX:03-3329-8311
info@setagaya-ido.or.jp
[受付時間] 
平日9:00-17:00

通話は内容の確認とサービス向上のため録音させていただいています。ご了承くださいませ。
 
新着情報
・瑞典(スウェーデン)日記06(1/11)
・そとでるニュース1月号(1/6)
・年末年始休業のお知らせ(12/27)
・瑞典(スウェーデン)日記05(12/25)
10周年記念会のご報告(12/20)
・第2回登録事業者研修会のお知らせ(12/12)
通話録音をご了承くださいませ(12/9)
・そとでるニュース12月号(12/9)
雨の深大寺へおでかけしました!(12/8)
・運転者講習会のお知らせ(12/7)
・そとでるニュース11月号(11/10)
・ホームページ閲覧不可のお詫びと復旧のお知らせ(11/10)
・瑞典(スウェーデン)日記04(10/31)
・そとでる10周年記念企画(10/26)
・深大寺おでかけイベントのおしらせ(10/12)
・そとでるニュース10月号(10/7)
・過去の情報のインデックス整備(10/4)
・「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム」の申し込み開始!(9/29)
・10月6日は世界脳性まひの日(9/26)
・せたがや移動ケアの活動紹介動画(9/20)
・そとでるニュース9月号(9/10)
・交通規制のお知らせ(8/29)
・「介護タクシー忙しい人・ヒマな人」開催(8/26)
・そとでるニュース8月号(8/9)
・「玉川おでかけバス」テスト運行報告会のお知らせ
・三浦半島おでかけイベントのお知らせ(8/2)
・そとでるニュース7月号(7/23)
・瑞典(スウェーデン)日記03(6/30)
・親のサ高住手配で考えた~スタッフ体験記(6/15)
・そとでるニュース6月号(6/10)
・瑞典(スウェーデン)日記02(5/26)
・第1回登録事業者研修会のお知らせ(5/20)
・そとでるニュース5月号(5/16)
・運転者講習会のお知らせ(4/25)
・そとでるニュース4月号(4/14)
・瑞典(スウェーデン)日記01(4/11)


過去の情報はこちら←click




 
twitter / facebook
twitter / facebookでも情報をお届けしています。

↓クリック
twitter

↓クリック

 
QRコード
携帯からもご利用になれます!
QRcode
 
■開業のきっかけは「救急車」と「旅行」


 ― 
最初に「好きな車の運転と介護の両方にかかわることができたら」という想いがあったことを教えていただきましたが、具体的な開業のきっかけはありましたか?

 同い年の友人が東京都の消防庁に勤めているのですが、彼と「救急車の適正利用」の話になったんですね。一部の方ではありますが、救急車をタクシー代わりに利用する例が増えているという話を聞いて、「それは深刻な状況だなぁ。何か自分なりに手伝えたら」と思いました。

 「救急車の適正利用」とは?: 救急車の搬送患者の半数は軽症の方で、その中で、病院間の転院搬送は、約6%(4万人以上)だそうです。急を要さない出動要請のために、現場到着までの時間が年々遅くなっていると聞きます。「本当に必要とする人のために、1分1秒でもはやく救急車に到着してもらいたい」と、適正利用の意味を考えさせられました。 民間救急搬送を利用していただくことで、結果として救急車の適正利用に貢献できればこれほどうれしいことはありません。
((株)かご屋 ホームページより)


また、施設で介護の仕事をしている10年の間、ご利用者の方から「好きな旅行に行けない」「寝たきりになったら、もう旅行は無理なのかなぁ?」という悩みをうかがうことが多かったんですね。ですから「旅行」に関しては、介護の経験と観光バスの運転手の経験があるので「できるのでは?」と手ごたえを感じました。


 ― 「かご屋」さんのホームページを拝見すると、「民間救急搬送サービス」を前面に打ち出していらっしゃいますね。先ほどの救急車のお話とも関係すると思うのですが、サービスについて少しお聞かせください。

 はい。救急車を利用するほどではないけれど病院に連れて行きたいとき、また、ご家族での旅行などにご利用いただきたいと思っています。
そして車いすやストレッチャー、各種医療機器を備えた民間救急搬送車に「患者等搬送乗務員」、「上級救命技能認定証」、「応急手当普及員認定証」などの資格を持ったスタッフが同乗して、通院や転院、買い物や旅行の際の移動をお手伝いします。



 ― 
「車いす、リクライニング車いす、ストレッチャー、医療用酸素、吸引機、人口呼吸器対応100V電源、AEDなどを搭載。東京消防庁に認定を受けた民間救急搬送に特化した特殊仕様車」という記述がありますが、医療行為を継続しながら搬送するのが民間救急ですね。看護師の資格を持った方々との協力体制はどのようになっていますか?

 訪問入浴の仕事をしていたときにチームを組んで働かせていただいた看護師の皆さんに、ご協力いただいています。20名ほどいらっしゃるでしょうか。


 ― 「いざ!」というとき、同乗いただけないと困りますものね。やはり、ご経験や人間関係が大切なんですね。
先ほど「旅行」というキーワードが出ましたが、実際は通院や施設に行くためのご利用が多いですか?

 そうとも言えないと思います。車いすになっても趣味の囲碁を打ちに碁会所や花見、行きつけだった(階段しかないビル内の)美容院などの外出サポートや、旅行など、さまざまな理由でご利用される方も多いです。おかげさまでリピーター様が多い状況ですが、ご本人だけでなく、ご家族も同乗できることから喜んでいただいているケースが目立つように思います。

 提供写真:碁会所(左)や、花見(右)を楽しむご利用者


 ― 通院や施設等どうしても行かなくてはいけない場への「移動」と、前向きな楽しみのための「移動」。その両方にお力を発揮する「かご屋」さんにとって、介護タクシーの役割はどのようなものでしょう?

 ご高齢の方やお身体が不自由な方の移動が可能になることで「行動範囲」が広がるのは、素晴らしいことです! 私たちが「なんのためにこの仕事をしているか」と言うと、そこに尽きると思います。
同業者にはさまざまな方がいらして、年代や開業のきっかけもいろいろですが、ご利用者の多様なニーズにお応えするためには、多様な介護タクシー、介護タクシー運転手がいたほうが良いと思っています。



 ― ご利用の目的も異なるし、介護の技術や安心感、サービスに期待をもたれるご利用者、料金にこだわりをおもちになるご利用者…などなど、さまざまです。

 はい。僕自身は介護保険が始まる前から10年間、介護の現場にいて学び、経験したことを「財産」と痛感しています。修業期間も含めて大変なことも多かったけれど、すべてを財産として活かしていきたいと思います。


 ― 瞬時に判断しなければいけないとき、ご経験は何よりの宝ですね。事前に得るご利用者の情報は限りがありますし、初めてお会いする方への接し方、対応の仕方にはさぞかし神経をおつかいになるでしょう?

 そうなんです。だからこそ、「安心」「安全」の意識を肝に銘じています。また、過去の介護経験を活かして、なるべくご利用者の移乗介助をする前に痛いところや、つらいところを把握するようにしています。


 ― 木原さんは、研修会などでお見かけする柔らかい仕草や笑顔も印象的ですね。

 ありがとうございます。おっしゃっていただけるように「声かけ」や「笑顔」は、直接、ご利用者との信頼感につながる最重要点と思っていきたいです。たとえば、痛いのはどちらかを確かめながら「こちらから動かしますね」と声をかけて触れたり、座っていただく位置を見るのは基本です。


 ― 過去のご経験に裏付けされているからこその「気づき」があるのですね。



■基本にあるのは「人を助けたい気持ち」


 ― 
開業されてから順調でいらっしゃると思いますが、ご自分ではその理由をどのようにお考えですか?

 「とても普通に、当たり前のことを当たり前のようにする」。それに尽きるのではないでしょうか。
心をこめて当たり前のことができたらいい。何が当たり前か、普通なのかは先ほどお話ししたように、介護タクシーの運転手一人ひとりによって異なるでしょうけれど…。
あとは、「人を助けたい、力になりたい」と思うこと。「この仕事をなんのためにやっているのか」を常に意識するということですかね。
たとえば、ご自宅に送った際にご利用者の車いすの空気が抜けていることに気づいた。「空気が抜けていますよ」とお伝えしたあと、「空気入れはありますか?」とさらにお聞きする。あったら空気を入れてから失礼させていただくし、なかったら僕の自宅から空気入れを持って行って空気を入れさせていただく。
ただそれだけですが、時にはそんなこともしますね。それは自分にとっては、当たり前のこと。


 ― そういったことが、次のご利用や、別の方の紹介につながるのですね。

 うーん、そうだとしたらありがたいと思います。ただ「人を助けたい、力になりたい」という、「気持ち」の問題なのですが。


■新しい試みと周知─ 外出したい方のために


 ― 
それでは、理事としてのお立場から「そとでる」について、ご意見などありましたらお聞かせください。

 もっと「そとでる」について宣伝したいですね。「そとでる」は本当に良い活動をしているし、その「仕組み」がとても貴重な組織だと思います。さらに多くの方に知っていただいてご利用の機会を拡げていけたら…と思っているので、理事の皆さんたちのご意見をうかがいながら考えていきたいです。
あとは、24時間体制といかないまでも、ゆくゆくは対応時間についても考えていけたらと思っています。たとえば登録事業者が持ち回りで夜間対応する…というようなことができれば、「そとでる」の存在意義がより認識されるのではないでしょうか。
さまざまなお考えの方がいらっしゃいますが、最後は「なんのために移動支援をしているか?」、「ご利用者のためになることはなにか?」という観点で自由に話し合っていけば、いろいろなアイデアが生まれていくように思います。


 ― ありがとうございます。よろしくお願いいたします。
最後に、木原さんの「夢」や、ご利用者の皆様へのメッセージをお願いいたします。

 1人でも多くの人の手助けができたら…と、思います。そして、会社を大きくしていきたい。今、やっていることをこのまま拡げていきたいし、周知していきたいですね。もちろん、ケアの「質」はけっして落としたくないです。
月に1人か2人、「前からこの外出手段を知っていたら!」とおっしゃる方に出逢います。「1年前に知っていたら、おばあちゃんに旅行をプレゼントできたのに」というお言葉を聞くと、うれしいと同時に残念に思います。いまだに「外出」に介護タクシーを使うという手段をご存じない方がいらっしゃるのだなぁ、と。
だから車内では「お出かけ」についてお手伝いできることを話したり、旅行に関するパンフレットを常備してご覧いただけるよう努めています。
あとは、「なんのためにこの仕事をしているか」という自問を忘れないこと。
年齢や身体の問題で外出できない、移動できないのは本当につらいものです。
これからもそのような方のお役に立てるように成長していきたいですし、共感したり話し合えるような仲間を増やしていけたらいいと思っています。


【インタビューを終えて】
2つの「好き」と、2つの「きっかけ」。明確な想いを持ち続けてきた木原さんの「いま」を支えているのは「人を助けたい」、「人を助けたいという気持ちを忘れずにいたい」というエネルギーでした。
情報発信(木原さん個人のFacebook)やたぐいまれな行動力等から感じる「力」は、若い世代ならでは、プラス「使命感」なのかもしれません。
木原さんの「力」は、技術に裏づけされた「やさしさ」に満ちています。今後も「移動」に困難を抱えるご利用者の皆様に、「外出」や「旅行」、なによりそのやさしさをプレゼントしていかれることでしょう。
長時間の取材にご協力いただき、ありがとうございました。
   (取材・文・写真:「そとでる」スタッフ・石黒 眞貴子)
       *一部提供写真: (株)かご屋 







(写真:「そとでる」登録事業者間の有志交流会にて(新宿)2017年7月)