そとでるロゴ
〒156-0056
世田谷区八幡山1-7-6
TEL:03-5316-6621
FAX:03-3329-8311
info@setagaya-ido.or.jp
[受付時間] 平日9:00-17:00
 
twitter / facebook
twitter / facebookでも情報をお届けしています。

↓クリック
twitter

↓クリック

 
QRコード
携帯からもご利用になれます!
QRcode
 

湯本 ゆみ(ゆもと・ゆみ)


担当
スタッフ/配車業務、移動相談業務、経理業務 他

○プロフィール
東京YWCAなどの勤務を経て、2010年「そとでる」で働き始める。現在は豊富な社会人経験を「そとでる」の各業務にいかして、週2日勤務。
主な資格:認知症サポーター養成講座受講。終活ガイド資格認定
趣味:コーラス、手話ダンス、音楽鑑賞、散策
好き:サスペンスドラマ(シャーロック・ホームズ、刑事コロンボ、アガサ・クリスティ 等)、空を眺めること

○スタッフから見た「こんな人!」
声や仕草がやわらかく、品位を感じる。一つひとつの仕事に対して丁寧。常に冷静で着実に物事を進めてくれるので安心。


○「そとでる」との出逢い

25年間勤めた東京YWCAを定年退職したあと、自宅から遠くなく、週に数日働けるところを探していました。運よく、ハローワークの求職情報データに「電話受付とパソコンができる方」という条件を見つけることができ、応募しました。現在働いているスタッフでは、荒木さんが先輩です。
働き始めた頃は、福祉用語や介護に関する知識があまり多くなく、電話を受けるときに勇気がいることもありました。が、一緒に働くスタッフの皆さんにマニュアルを作っていただいたり、先輩たちの電話の受け応えなどを見習うことで少しずつ自信をもてたように思います。




○仕事を通じて、よかったと思うとき、やりがいを感じるときは?

ご利用者様から喜びの声をいただいたとき、「お役に立てている」と思ってやりがいを感じます。
また、「そとでる」で働くようになってから街なかに車いすの方や福祉車両が多いと気づくようになったのですが、改めて「そとでる」の存在の意味を感じて働きがいを感じています。


○今までで印象に残る出来事は?

(相談業務で)ご利用者様から登録事業者様への感謝の言葉をいただいたとき、うれしく思いました。



○心がけていることはありますか?

以前働いていた職場の先輩から、「(仕事は)急いでやって間違えるよりも、確実にやるほうが良い」と教えていただいたことがありました。たしかに、どんなに仕事がたてこんでも、焦らずに「何を優先するか?」「正確に」「間違えないように」と心がけたほうが良い結果につながると思うので実践しています。
ほかに意識しているのは、「聞いて、学んでいく」こと。先輩の仕事の仕方、電話の受け方などを「聞きながら、学んでいく」ことが、職場では重要だと思っています。





○「そとでる」について


私にとって「そとでる」は、居心地の良いところです。理由は、自宅から近いことや週2日の出勤日数、働く仲間たちとの良い関係、新しい知識の習得や再確認ができる研修会への参加など、数え上げたらきりがありません。楽しく仕事をさせていただいて、感謝しています。



○今後の夢や、やりたいことは?

まず、ご利用者様が中心にいらっしゃることが大切だと思います。そして「そとでる」にとっては、ご利用者様、登録事業者様、ケアマネジャーの皆様、行政の関係者の方々などと「信頼関係を築く」ことが大事だと思います。それには、スタッフの「柔軟な心」が必要だと思いますし、「お互いに連携していくなかで成長できる関係」でありたいと思います。私自身は、「ご利用者様、一人ひとりに丁寧に対応していきたい」と思っています。
私的な「夢」ということでは、趣味でやっている「手話ダンス」をきちんと習得したいです。地域の方のご紹介で習い始めたのですが、手話は奥が深いんです。レッスンは先生の手話を真似するところからスタートしますが、「わかった気になって(手話の動きを)やると、うまくいきません」とおっしゃっていました。いい加減な真似は、間違えた言葉を表したり、「通じない」のですね。指の動き、かたち、はやさ、などなど……奥深くてチャレンジしがいのある楽しさです。



○ひとこと

ホームページをご覧になる方にお伝えしたいのは、「気軽にお電話してください」ということです。運行のことで、知りたいこと。困っていること。悩んでいること。介助や料金のことなど、お電話をお待ちしております。