そとでるロゴ
〒156-0056
世田谷区八幡山1-7-6
TEL:03-5316-6621
FAX:03-3329-8311
info@setagaya-ido.or.jp
[受付時間] 平日9:00-17:00
 
twitter / facebook
twitter / facebookでも情報をお届けしています。

↓クリック
twitter

↓クリック

 
QRコード
携帯からもご利用になれます!
QRcode
 

水上 朽美(みずかみ・くみ)


○担当
スタッフ/配車業務、移動相談業務、イベント支援、そとでるニュース編集等担当

○プロフィール
2010年11月、25年間の専業主婦生活を経て「そとでる」に入職。コミュニケーション力や集中力、多彩な趣味で培った才能を、相談業務や「そとでる」の各種イベント(クリスマス会、各種フェアなど)でいかしている。
主な資格:認知症サポーター養成講座受講。
趣味:日本舞踊、ビーズ制作、バルーン・アート、菓子・料理づくり(得意の一品は「究極のビーフ・ストロガノフ」)、他。 「好き!」:自動車の運転、中井貴一、福山雅治など。
 
○スタッフから見た「こんな人!」
電話相談など、深いところまで相手の立場に立って聴いている。多才。いつもお洒落でかわいらしく、とても機転が利き、交渉も上手な実務家。そのキュートな魅力にファンも多い。


○「そとでる」との出逢い

「外へ出て働きたい」と思っていた時期に、古くからの友人(スタッフ・泉谷)に誘われて「そとでる」で働くことになりました。主婦として25年間を過ごしたので、働くのは本当に久しぶり。働き始めて1か月ぐらいは、落ち込むこともありました。当時は、何をするにも“ハードルの高さ”を感じていましたが、落ち込んでも電車を乗り継いでいる間に気持ちの“オン・オフ”を切り替えられるようになりました。自宅⇔「そとでる」事務所間は約1時間かかるのですが、いま思うとその通勤時間に救われていたところがあったかもしれませんね。
生来の性格もあると思いますが、現在は「新しい体験」の連続を楽しんでいます。



○仕事を通じて、よかったと思うとき、やりがいを感じるときは?

仕事をしていて、嫌だなと思ったことは一度もないですね。うれしいと思うことですが、日帰りツアーのお手伝いをさせていただくようになった頃、参加者とのコミュニケーションや具体的なサポートの一つひとつを難しいと感じたことがありました。現在は「参加された方に、より楽しんでいただくために何をしたら良いか」を考えるようになりましたが、「楽しかった!」とおっしゃっていただけると本当にうれしいですね。


○今までで印象に残る出来事は?

働き始めた当初、シフトの関係で、何回かひとりで事務所に残ることがありましたが(「そとでる」は基本的に二人体制のシフトをとっている)、その時間がとても恐怖でした。もちろん今はそのような気持ちはないので、懐かしい思い出です。



○心がけていることはありますか?

ご利用者様とは、日帰りツアーやイベントでのかかわりをのぞくと圧倒的に電話でのやりとりが多いです。電話って実際にはお会いしていないのに、お互いの顔や態度が見えているような気がするんですね。だからでしょうか、ご利用者様や登録事業者様からのお電話を話の途中でパツン! と切りたくないという気持ちが強いのです。
どなたからのお電話でも、「ここに問い合わせれば安心する」「ここに電話して相談すれば、気持ちが落ち着く」と思っていただけるような対応を心がけたいです。




○「そとでる」について

「新しいこと」が多く、「チャレンジできる職場」だと思います。



○今後の夢や、やりたいことは?

なんと言っても、「楽しく」仕事をしたいです。どんな状況も苦痛に思わずに「前向き」になりたいですし、電話でお話しするときに楽しんでいる私自身の気持ちが、相手の方に伝わるといいなぁと思います。また、他のスタッフと協力しながら、新しいイベント企画などにも参加してみたいです。



○ひとこと

私たちでお応えできることは、一生懸命取り組みたいと思っています。そして一緒に考えられることは、ぜひご一緒に考えましょう!