そとでるロゴ
〒156-0056
世田谷区八幡山1-7-6
TEL:03-5316-6621
FAX:03-3329-8311
info@setagaya-ido.or.jp
[受付時間] 平日9:00-17:00
 
新着情報
・そとでるニュース3月号(3/14)
・ふれあいフェスタ参加のご報告(2/15)

・そとでるニュース2月号(2/14)
・登録事業者研修会のお知らせ(2/14)
・内多勝康氏インタビュー(1/14)
・そとでるニュース1月号(1/10)

・登録事業者研修会開催報告(1/7)
・年末年始のお知らせ(1/4(金)はお休み)
・おでかけサポーターズメンバーの事務所体験(12/25)
そとでるニュース12月号(12/21)
・「もみじの家」見学のご報告(12/12)
・せたがや福祉区民学会参加報告(12/6)

・全国フォーラム2018参加報告(12/4)

・すべての子供を育む社会目指して(12/3)

・そとでるニュース11月号

・求人情報追加(11/16)
・新人スタッフの「現場研修」を実施(11/2)
・運転者講習会のお知らせ(11/2)
・三浦半島へ食事と買い物に行こう(11/2)

・登録事業者研修会お知らせ(10/21)

・そとでるニュース10月号
・からだに寄り添う自己管理術(9/26)

・三浦半島おでかけイベントのご案内(9/11)

・そとでるニュース9月号(9/11)

・「災害学習会」報告(9/10)
・「スタッフ紹介」更新(9/10)
・そとでるニュース夏・号外(8/28)

・そとでるニュース8月号(8/16)
・らくらく介護 山中 淳也さんインタビュー(8/2)
・そとでるニュース7月号(7/23)
・目黒川お花見クルーズ報告(7/18)
・そとでるニュース6月号(6/21)
・「ドライバーの体力づくり」研修会報告(6/20)
・終活研修会(6/1)
・そとでるニュース5月号(5/22)
・「ドライバーの体力づくり」研修会案内(5/14)
・運転者講習会お知らせ(5/2)
・そとでるニュース4月号(4/22)

過去の情報は
こちら←click
 
twitter / facebook
twitter / facebookでも情報をお届けしています。

↓クリック
twitter

↓クリック

 
QRコード
携帯からもご利用になれます!
QRcode
 

泉谷 一美(いずみや・かずみ)


担当
スタッフ/事務局業務全般(配車業務、移動相談業務、人材育成(講習会、研修会)、実績管理等)。他に日帰りツアー、各種イベントの企画、開催など。

○プロフィール
総務、秘書(広報含)等の経験を経て、2010年6月「そとでる」に入職。事務局業務全般を支えるほか、運転者講習会、日帰りツアーなどで企画から開催まで携わっている。
主な資格:秘書検定、華道、茶道。普通自動車。認知症サポーター養成講座受講。
終活ガイド資格認定
趣味:生け花、茶道。
「好き!」:今、はまっているものは「ホット・ヨーグルト」(アレルギー症状が軽減!)。 

○スタッフから見た「こんな人!」
明るく冗談を飛ばしつつ、とてもまじめで責任感があって、常に皆の仕事を陰日向なくフォローしている。いつも相手の気持ちを察して接するので、気持ちを受け止めてもらえる安心感がある。


○「そとでる」との出逢い

私は友人のミクシィ(SNSの運営企業)で初めて「そとでる」を知るまで、介護タクシーの存在を知りませんでした。勤務するようになってからは苦手なパソコンを使ったり、耳慣れない言葉(ストレッチャーなど)に触れることで、少しずつ成長できたように思います。「そとでる」との出逢いでたくさんの経験を得ました。



○仕事を通じて、よかったと思うとき、やりがいを感じるときは?

配車の手配などでご利用者様から、「ありがとう」と感謝されるとうれしいです。良いマッチング配車ができたときなど、「助かりました」というお言葉をいただくことがありますが、「こちらこそ」とご依頼くださった方にお礼を申し上げたくなります。
また、相談業務もとてもやりがいのある業務だと思います。ご相談いただいた方の「聞いてほしい」という気持ちや「明確な情報がほしい」というご要望にお応えするには、「そとでる」業務の全体を把握していないとできないからです。相談業務にはこちら側の人間性もあらわれるので大変むずかしい仕事だと思いますが、手ごたえも大きいです。


○今までで印象に残る出来事は?

ご利用者様からのご相談で、長時間のやりとりになったことがありました。会話が進行するうちに「このご利用者様は今、(スタッフと)話したいと思ってくださっているのだな」と気づき、じっくりとお話しいただきました。後日、その方から配車のご依頼をいただきましたが、「疑問や不安な気持ちを少なくするお手伝いができたかも……」と、うれしく思いました。



○心がけていることはありますか?

ご利用される方や、講習会、研修会に参加される方に「ようこそいらっしゃいました!」という気持ちで向き合いたいです。
運転者講習会は、参加者の年齢がご高齢の方からお若い方までさまざまですが、「ようこそ!」と明るく元気な気持ちでのぞめば、どなたにとっても役立つ内容になるよう心がける気持ちが生まれる気がします。
また日帰りツアーも同様で、皆さんに楽しんで帰っていただけるような心配りができると思います。




○「そとでる」について


スタッフそれぞれに、良いところがあります。お互いが切磋琢磨しあっている、可能性のある職場ですね。その中で私の役目は、「フットワークを軽く」という意識をもって働いていくことではないかと思っています。



○今後の夢や、やりたいことは?

日帰りツアーに何度も参加してくださっている方から、「次はこんなところに行ったら?」と企画をいただくようになりました。私たちスタッフに対して気軽にご意見をいただけるのはとてもありがたいこと。今後も皆さんと一緒に企画を作っていきたいと思います。個人の夢は、「パワフルに、良い歳のとりかたをしたい!」です。



○ひとこと

現在、東京都内で配車センター業務を行なっている公的な機関は、世田谷区、杉並区町田市全国福祉輸送サービス協会などがあります。ご利用者様にこのような機関があることを知っていただくために、配車業務やイベント活動などでPRしていきたいと思います。