「そとでる」のスタッフが、お世話になっている方・気になる方のもとへうかがって
“いま思っていること”をお聴きする「おじゃまします!」


第4回は、そとでる主催のクリスマス会でおなじみの
「ザ・やじきたバンド」のボランティア演奏会におじゃましました。




2014年3月1日、薄曇りの土曜日。
「ザ・やじきたバンド」の演奏を楽しみに、
「デイホーム奥沢」
(世田谷区奥沢)を訪ねました。


デイホーム奥沢には、デイサービス・奥沢あんしんすこやかセンター(地域包括支援センター)・奥沢居宅介護支援事業所が併設されており、3つのサービスを提供しています。
この日の演奏は2階にあるデイサービス・ミーティングルームで行われました。


職員の方にお聞きしたところ、ご利用者様の「白寿」(99歳!)のお誕生会の席で
「ザ・やじきたバンド」の皆さんが演奏されるとのこと。
「毎月1回、ボランティアとして活動してくださるのでありがたい。
リクエストにもこたえてくださるんですよ」という声を耳にしました。


この日、お祝いのために会場にいらっしゃったのは、32名のご利用者様たち。
きれいに飾りつけられ、ぽかぽかとあたたかなお部屋の中、
皆様のリラックスした表情、優しい笑顔が印象的です。

そしてグループサウンズ、演歌、ポップス、フォークソング、童謡と、バラエティにとんだ懐かしい歌の数々……思わず口ずさみたくなる親しみやすい選曲に、取材者の心も弾みます。
なにより、それぞれに想いを馳せるように聴き入っていらっしゃる皆様のご様子に気持ちがほっこりやわらぎました。


【演奏リスト】
春よ来い / うれしいひな祭り / 早春賦
花嫁 / 恋の季節 / 津軽平野
かえり船 / 恋の町札幌 / 小指の思い出


演奏を楽しませていただきながら、
デイホーム奥沢の事業所責任者・中島和子様にお話をうかがいました。

「『ザ・やじきたバンド』のお声は耳ざわりの良い音なので、毎回、利用者様が楽しみにしていらっしゃいます。今日のようなお誕生会は、皆さんが一緒になって“自分のことのように”お祝いし、楽しむ会ですから、優しい『ザ・やじきたバンド』さんの演奏と歌はとても好評なんですよ」
と素晴らしいご感想をいただきました。
「100歳を超えるご利用者様も多い」とお聞きしましたが、これからも「ザ・やじきたバンド」の演奏は皆様に心待ちにされることでしょう。


デイホーム奥沢 事業所責任者・中島和子様絵文字:矢印 右




ところで「ザ・やじきたバンド」は、どのような経緯でボランティア活動をされるようになったのでしょうか?

改めて、「そとでる」登録事業者でもいらっしゃる「はるかぜ送迎」の石田金夫さんにお話をお聞きしたところ、メンバーのお三方(石田金夫さん、守谷恒夫さん、古谷信雄さん)は共に働くご同僚だったとのこと。
2009年、石田さんが自宅近くで歌のボランティア活動をしている方に誘われてギター伴奏したのをきっかけに、2010年から停年退職後の石田さん、守谷さんで「ザ・やじきたバンド」を結成・活動開始。2011年の古谷さんの参加により、現在の3人構成になったそうです。


それにしても気になるのはレパートリーの多さ。いったい何曲あるのでしょう?

「童謡、唱歌が100曲。懐メロ、演歌も100曲。そしてフォークソング、JPOP100曲の計300曲ぐらいでしょうか」と石田さん。なるほど、どんな方にも、どのような場所でも楽しんでいただけるのですね。


現在、年間で35~40回ほど演奏していらっしゃる「ザ・やじきたバンド」。高齢者施設でのボランティア活動が多いそうですが、今後は「地域の食事会や集会所などで、少し年代の若いご高齢の方たちにも歌を聴いていただきたい」という夢をおもちです。
「世田谷アマチュア・バンドコンサート(烏山区民会館)や下北沢区民まつり(下北沢区民センター)で演奏できたことが記憶に残っていますが、やはり“やっていてよかった”と思うのは、『なつかしい歌を聴けてよかった!』『楽しめた!』と言っていただけた時。これからも歌い続けていきます」
石田さん、守谷さん、古谷さんの充実した笑顔と少年のような輝きをまぶしく感じた時間でした。


「ザ・やじきたバンド」の皆様、「デイホーム奥沢」の皆様、おじゃまさせていただいてありがとうございました。これからも素敵な歌とハートが、ひとりでも多くの方に届きますように。


 「ザ・やじきたバンド」の演奏を聴きたい! 来てほしい! 見学したい! などご要望の方は、
石田金夫さんまでご連絡ください。 ☆携帯番号:070-5568-0063

(取材・文・写真 石黒眞貴子)
*建物外観写真:「デイホーム奥沢」様ホームページより