「そとでる」のスタッフが、お世話になっている方・気になる方のもとへうかがって
“いま思っていること”をお聞きする「おじゃまします!」

第3回は「おとこの台所・八幡山」訪問記です。

---------------------------------------------------------------------------------------------

 2014年1月18日(土)、「ミニデイ おとこの台所・八幡山」にゲスト参加させていただきました。



 「おとこの台所」は、料理を通じて定年退職後の男性の活動拠点を運営する団体で、区内8拠点、総勢250名超のメンバーで活動しています。もともとは不得手だった料理を上達し、地域に仲間を作って各種のレクレーションを企画・実施する、つながりの場となっています。



 私が訪れた「おとこの台所・八幡山」は第1・第3土曜の開催。
朝9時過ぎから集まって事務的な打ち合わせや料理の準備を開始し、12時の会食に間に合わせます。60代から80代までの男性20名ほどが狭い台所で仲良く料理する様子は壮観でした!



 今回は、お正月ということで豪華で品数も多く、優しい味付けで丁寧に作られた、美味しいお料理をいただきました。
(カキのグラタン、大根と乾燥イチジクのマリネ、ウナギのひつまぶし、
エビと車麩のチャンプルー、レンコンの炒め物)
 

  
 ゲストは私以外に女性3名。(メンバーは男性のみですが、会食のゲスト参加は女性でも可能です!)

上げ膳据え膳で男性に料理をしてもらえるという貴重な機会を共に楽しみました。男性陣は自分たちで作った料理を味わい、仲間とのお喋りで食欲も増し、大皿がどんどん空になっていきます



 食事後は「そとでる」の紹介もさせていただきました。
福祉車両について、「今はいいけど近いうちに我々もお世話になるよね」「家族が福祉タクシーを利用した」「近所の人が困っているからパンフレットをください」などというお声がけもいただきました。



 また、1月6日にNHKの「ゆうどきネットワーク」で「セカンドライフ 上手な歩き方」というテーマで「おとこの台所」が採り上げられた際のVTRを皆で鑑賞し、ご自分や仲間が写っている映像にはにかんだり喜んだり笑ったり。笑顔あふれる会になりました。



 実はこの「おとこの台所・八幡山」の開催場所である「八幡山ふれあいの家」は「そとでる」事務所から徒歩2分ほどのところ。今後もご近所さんとして交流を深め、地域のつながりで、「そとでる」だけでは実現できないことを目指していきたいと思います。


 「おとこの台所」の皆様、気持ちよく迎えてくださって、ありがとうございました。


(取材・文・写真 荒木妙貴)
※一部写真を「おとこの台所」様よりお借りしました