そとでるロゴ
〒156-0043
世田谷区松原6-41-12
TEL:03-6265-8723
FAX:03-5300-8861
(2017年10月10日~
2018年3月中旬までこちら)

info@setagaya-ido.or.jp
[受付時間] 平日9:00-17:00
 
新着情報
・第3回登録事業者研修会のご案内(11/17)
・「全国フォーラム2017」参加(11/15)
・そとでるニュース11月号(11/13)

・登録事業者研修会 開催!(10/29)
・小学生の職場見学と体験(10/25)

・上野公園散策イベントご案内(10/23)

・そとでるニュース9月号(9/28)
・かご屋・木原正昭さんインタビュー(9/25)
・スタッフ研修「自己管理術」(9/20)

・第2回登録事業者研修会のご案内(9/1)
・スタッフ紹介更新(8/28)
・そとでるニュース8月号(8/24)

・江戸東京博物館おでかけツアー(8/22)
・「こどもデイうぃず」見学(8/7)

・求人:介護タクシー運転手募集(7/25)

・そとでるニュース7月号(7/13)
・認知症サポーター養成講座開催(7/12)
・「おでかけ勉強会」報告(7/11)

・そとでるニュース6月号(6/16)
・世田谷地域事業者交流会 参加報告(6/5)
・ミニ研修(配車業務の向上)(5/29)

・そとでるニュース5月号(5/17)

・HH世田谷・隅さんインタビュー(5/15)
・車椅子社会を考える会リンク追加(4/26)
・羽根木公園のお花見報告(4/25)

・福祉有償運送の運転者講習会(4/19)

・梅を楽しむ「おでかけ」の報告(4/17)
・そとでるニュース4月号(4/14)

・スタッフミニ研修会報告/医療(4/10)
・そとでるニュース3月号(3/22)
・いきいき・安全な移動支援報告(2/21)
・そとでるニュース2月号(2/20)

・おでかけサポーターズ募集(2/13)
・そとでるニュース1月号(1/23)
・木村敬一氏インタビュー(1/23)
・全国フォーラムに参加(1/10)

・お買い物ツアーに協力(12/27)

・そとでるニュース12月号(12/16)

・学生インターンシップ(12/1)
・昭和記念公園日帰りツアー!(11/28)
・「“さぽたま”」おじゃまします(11/26)

・研修会「介助技術─実践」!(11/19)

・そとでるニュース11月号(11/17)

・昭和記念公園日帰りツアー(10/21)
・そとでるニュース10月号(10/17)
・けやき学級40周年記念会(10/3)

・そとでるニュース9月号(9/16)

・個人情報保護法スタッフ研修会(8/23)
・そとでるニュース8月号(8/15)
認知症サポーター養成講座報告(7/26)
・そとでるニュース7月号(7/25)
・外出に付き添ってほしい(6/11)
・そとでるニュース6月号(6/10)

・事故の実例と保険のはなし報告(6/2)
・鷲崎さんインタビュー(5/26)

・そとでるニュース5月号(5/16)
・事故の実例と保険のはなし(4/26)

・研修「移動と介護保険」(4/18)
・そとでるニュース4月号(4/11)

・高橋教授「階段昇降」見学!(4/11)

・第3回事業者研修会報告(4/7)
 
twitter / facebook
twitter / facebookでも情報をお届けしています。

↓クリック
twitter

↓クリック

 
QRコード
携帯からもご利用になれます!
QRcode
 
そとでるスタッフからの情報発信コーナーです。
ご意見等ありましたら、メールにてお気軽にご連絡ください!
 
スタッフブログ >> 記事詳細

2016/11/28

インターンシップを実施しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者

「NPO法人せたがや移動ケア」(そとでる)は初めての試みとして、インターンの大学生を受け入れました(2016年7月11日(月)─9月26日(月)。全7回)。


これは「まちの現場から、環境づくり・まちづくりを学ぶ─学生インターンシップ・プログラム2016」(主催:一般財団法人せたがやトラストまちづくり)の「学生インターンシップ」制度を活用したものです。


「せたがやトラストまちづくり」は例年7月中旬から9月末の間、「まちの活動現場に積極的にかかわりたい」学生と、地域活動を行なっているグループのマッチングを企画、コーディネートしています。

説明会、ガイダンスなどを経て、「移動支援事業の課題を発見したい」「認知症の予防的観点において、高齢者を中心とした移動困難者の外出支援活動は不可欠!」という想いをおもちの藤田さん(上智大学3年在籍)と、「せたがや移動ケア」の活動内容や研修プログラムがマッチ。
プログラムの実施が決まりました。


藤田さんはすでに取り組んでいた「報告書作成」(下記囲み内に説明文)のワーキンググループへの参加や、ご利用者の移動支援の現場見学などで積極的に活動。

特に「報告書作成」のワーキンググループでは、2011年に行なった「利用者調査」報告書との比較や、調査アンケートの設問・回答について発言していただき、「そとでる」スタッフと意見をかわしあいました。

そして「そとでる」スタッフと異なる“第三者の視点”を活かした報告書の作成に関するアイデアや、改良点などを見つけていただきました。


 
 ▲「利用者調査」第1回ワーキンググループ ご利用者の通院時の移動支援を見学


 

無事に全7回のインターンシップ・プログラムを終えられた藤田さんは、10月13日(木)に行われた合同報告会で、「NPO法人せたがや移動ケア」での研修内容である「利用者に対するアンケート調査の方法と、調査結果の把握」を発表。

インターンシップの感想や、「自分の勉強や将来を考える上で役立ったこと」を述べられました。
ご本人の了解を得て、以下に抜粋・編集したご感想を掲載します。


研修の感想
利用者アンケートの集計結果の整理や分析業務を体験しました。また、実際に目的地まで送迎する活動を見学しました。
アンケートの内容を項目別に整理することや整理された情報をもとに考察していくことは大変な仕事でしたが、スタッフの方々と定期的にお話ししていくなかで、自分では気づくことのできなかった視点からの意見が得られ、良い刺激になりました。
一方、アンケート結果の分析作業を行う過程で、利用者の不満や要望を知り、そうした方々のよりよい生活を支援していきたいという意識が芽生えました。

役立ったこと
アンケート調査の結果の分析作業を通じて、客観的なデータを継続的に集めていくことの重要性を感じました。これから社会に出ていく際に、こうした客観的データの収集や分析作業にも誇りをもって仕事をしたいと感じる大切な機会となりました。」



藤田さん、お疲れさまでした。
私たち事務局のメンバーも新鮮な出会いを重ねる3か月となりました。
ありがとうございました。


 「報告書作成」について
2015年、「そとでる」は「世田谷まちづくりファンド」の助成をいただき、「そとでる」登録利用者(1000名程)と「NPO法人にじの子」の利用者を対象にした「外出に困難を抱える方々の無記名アンケート調査」を実施しました。
2016年現在、いただいた回収データ(261件)の分析と報告書作成を進めています。
分析と報告書作成は、ワーキンググループによって、主に2011年度に実施した調査と今回のデータとの比較を行なっています。
本調査の報告書作りにご協力いただける方は、「そとでる」にご連絡ください。



10:43 | 投票する | 投票数(5)