そとでるスタッフからの情報発信コーナーです。
ご意見等ありましたら、メールにてお気軽にご連絡ください!
 
スタッフブログ >> 記事詳細

2016/10/03

「けやき学級40周年記念会」、開催される

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者

2016年9月11日(日)、「けやき学級40周年」を祝う会が開かれました(於:世田谷区立総合福祉センター。13:00─16:00)。


記念会には「そとでる」から羽石 邦センター長、鬼塚 正徳事務局長(「けやき学級40周年記念会」実行委員、「ハンディキャブを走らせる会」メンバー)が出席。
お祝いの言葉や、活動の思い出を述べました。

 

「けやき学級」は障がいのあるメンバーを中心にして、一人ひとりの個性を大切にしながら地域のなかで居場所をつくるためにつくられました。


記念会では、そのユニークな活動の40年(1976年~2016年)が4つに区切られ、
当時のメンバーから深く関わった時代の思い出、「けやき学級」への想い、活動の目指すところなどが語られました。


また、社会教育の歴代の担当者や、関連団体関係者も出席し、
祝辞とともに「けやき学級」の成り立ちや、個性的なメンバーたちがその時代ごとにどのようなことを志したかなどがエピソードをまじえて披露されました。

   

会場内は、それら沢山の思い出話やエピソード、旧知の仲間との再会で大いに盛り上がり、「けやき学級」の今後の継続に向けて話し合いました。


記念会の終盤、ご挨拶の機会をいただいた「そとでる」の羽石センター長は、お祝いの言葉とともに「そとでる」の業務内容や、スタッフたちの仕事ぶりをご紹介。
おひとりでの移動が困難な方のために、世田谷区内の関連団体が“仲間”としてつながっていく大切さについて述べました。


「自分らしさ」、「やさしさ」。
言葉にするととても簡単なことだけれど、難しかったり、忘れがちなこと。
それらを力まずに、その時々に集まり、話し合ってきた「40周年」の歴史を実感するあたたかい記念会でした。


 「けやき学級」
◆毎月第2、第4日曜日 (主に世田谷区立総合福祉センター)
◆問い合わせ先: 03‐5432‐2733
世田谷区教育委員会事務局 生涯学習・地域・学校連携課 福祉教育担当


14:26 | 投票する | 投票数(5) | イベント