そとでるスタッフからの情報発信コーナーです。
ご意見等ありましたら、メールにてお気軽にご連絡ください!
 
スタッフブログ >> 記事詳細

2017/05/29

スタッフ向けミニ研修会「配車業務の向上に向けて」実施

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者

2017年4月25日(火)、「平成29年度 第1回 スタッフ向けミニ研修会」を行いました。(14:30-16:00 於:移動サポート八幡山リビングルーム)


「平成29年度スタッフ向けミニ研修会」の第1回目は、「配車業務の向上」を目的として、「料金」や「介助」に関する疑問や知りたいことを中心に研修の時間をもうけました。

講師としてお迎えしたのは、Yuriドライブサポート・佐藤 有利様(「せたがや移動ケア」理事)です。


研修会当日、佐藤様はスタッフたちが理解しやすい事例などを紹介した資料集を配布。
過去、登録事業者の皆さんの車両に同乗させていただく研修を経験しているとは言え、デスクワーク主体のスタッフにとって佐藤様のお話と資料は大変貴重なものとなりました。


「どんなことでも聞いてください!」と佐藤様から呼びかけていただき、利用者様との料金(ご説明、タクシー券のやりとり等々)や介助の実際についてスタッフたちが質問!
現場体験を重ねなければ実感しづらい内容も多かったですが、研修は終始なごやかな空気の中、茶話会形式で進行しました。


<研修会>(受講者:「そとでる」スタッフ5名)

■講義:「配車業務の向上」
講師:佐藤 有利様(Yuriドライブサポート、せたがや移動ケア・理事)



●内容(一部抜粋)
・タクシー料金について(多様な料金設定/運賃及び料金の内訳/割引の内訳/深夜早朝の割増について/障害者割引/遠距離割引/予約料金… など)
・「スリップ制」の説明(事例をまじえて)
・Yuriドライブサポートの料金設定を例として
・キャンセル・変更や介助に関する考え方(利用者様の視点で考える)
・聞き取り・配車の際、「車イス」の有無は最重要点
・「利用者目線」のパンフレット作成を(よりご利用しやすい「そとでる」に向けて)
… ほか


スタッフたちは、上記のような内容について質問や意見交換を行いました。
実際に福祉車両を運転し、利用者様と直接向き合っている方ならではのこぼれ話が数多く、事務所で電話、パソコンを中心とした業務が多いスタッフには、大変な刺激となりました。
2時間という限られた時間ではとうてい「現場の空気」を把握したとは言えませんが、ご利用者目線、ドライバー目線を意識しながら、日々の業務に取り組んでいきたいと各自が確認できました。
佐藤様、お忙しいなか、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。


<受講者の声から>
・待機時や介助中の料金体系についての説明が、とてもわかりやすかったです。

・Yuriドライブサポート・佐藤さんは(家族が)介護タクシーを利用していたご経験もあるので、「利用者目線に立たれて運行されている」印象を受けました。

・院内介助や、それに関わる駐車料金などのお話もお聞きすることができました。

・私自身、ご利用者様からの質問に答えてはいるのですが、「この場合はどうなるのか?」などを疑問に感じ、諸先輩方に確認することがあります。今回の研修会で得たことを、今後の配車やご利用者様からの相談に活かしていけるようにしたいと思います。

・今までの、介護タクシーの料金や介助等についての認識について、今回の研修会で改めて再確認しました。

・「そとでる」のパンフレットやホームページ作成に役立つ視点や注意点を得ました。立場が変われば、見えるもの・感じるものが異なることを意識していきたいと思います。ありがとうございました。


22:53 | 投票する | 投票数(4) | スタッフ研修