そとでるロゴ
〒156-0056
世田谷区八幡山1-7-6
TEL:03-5316-6621
FAX:03-3329-8311
info@setagaya-ido.or.jp

[受付時間] 平日9:00-17:00
 
新着情報
・求人:介護タクシー運転手募集(7/25)
・そとでるニュース7月号(7/13)
・認知症サポーター養成講座開催(7/12)
・「おでかけ勉強会」報告(7/11)

・そとでるニュース6月号(6/16)
・世田谷地域事業者交流会 参加報告(6/5)
・ミニ研修(配車業務の向上)(5/29)

・そとでるニュース5月号(5/17)

・HH世田谷・隅さんインタビュー(5/15)
・車椅子社会を考える会リンク追加(4/26)
・羽根木公園のお花見報告(4/25)

・福祉有償運送の運転者講習会(4/19)

・梅を楽しむ「おでかけ」の報告(4/17)
・そとでるニュース4月号(4/14)

・スタッフミニ研修会報告/医療(4/10)
・そとでるニュース3月号(3/22)
・いきいき・安全な移動支援報告(2/21)
・そとでるニュース2月号(2/20)

・おでかけサポーターズ募集(2/13)
・そとでるニュース1月号(1/23)
・木村敬一氏インタビュー(1/23)
・全国フォーラムに参加(1/10)

・お買い物ツアーに協力(12/27)

・そとでるニュース12月号(12/16)

・学生インターンシップ(12/1)
・昭和記念公園日帰りツアー!(11/28)
・「“さぽたま”」おじゃまします(11/26)

・研修会「介助技術─実践」!(11/19)

・そとでるニュース11月号(11/17)

・昭和記念公園日帰りツアー(10/21)
・そとでるニュース10月号(10/17)
・けやき学級40周年記念会(10/3)

・そとでるニュース9月号(9/16)

・個人情報保護法スタッフ研修会(8/23)
・そとでるニュース8月号(8/15)
認知症サポーター養成講座報告(7/26)
・そとでるニュース7月号(7/25)
・外出に付き添ってほしい(6/11)
・そとでるニュース6月号(6/10)

・事故の実例と保険のはなし報告(6/2)
・鷲崎さんインタビュー(5/26)

・そとでるニュース5月号(5/16)
・事故の実例と保険のはなし(4/26)

・研修「移動と介護保険」(4/18)
・そとでるニュース4月号(4/11)

・高橋教授「階段昇降」見学!(4/11)

・第3回事業者研修会報告(4/7)
 
twitter / facebook
twitter / facebookでも情報をお届けしています。

↓クリック
twitter

↓クリック

 
QRコード
携帯からもご利用になれます!
QRcode
 
そとでるスタッフからの情報発信コーナーです。
ご意見等ありましたら、メールにてお気軽にご連絡ください!
 
スタッフブログ >> 記事詳細

2016/11/24

昭和記念公園日帰りツアー 開催!

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者

2016年11月20日(日)、
「紅葉の昭和記念公園日帰りツアー(平成28年度世田谷区提案型協働事業)」
(主催:「おでかけサポーターズ」「せたがや移動ケア」、協力:世田谷区福祉移動支援センター「そとでる」)を行いました。


主に登録利用者の外出支援の一環として、福祉車両の送迎付きで行っている「日帰りツアー」。
“ご利用しやすいスケジュールと参加費”で毎回ご好評の企画ですが、
今回は「平成28年度世田谷区提案型協働事業」の一環としてパワーアップ!

ボランティアグループ「おでかけサポーターズ」、「そとでる」登録事業者、
「せたがや移動ケア」スタッフの面々のほか、福祉を勉強中の大学生などもボランティアとして加わり、
ご利用者の「紅葉散策」のひとときをサポートしました。
(参加:ご利用者、介助者、スタッフほか、合計44名)

 
 ▲「おでかけサポーターズ」メンバー


 ■当日のスケジュール
  9:00   送迎開始
10:30   集合(昭和記念公園)                 
12:00   昼食
14:00   お土産購入等
14:30   現地解散&送迎開始
 

 ▲送迎前の車両点検をしっかりと ▲前方には富士山が!
(プレート一部画像加工)

 

 開催前日の冷え込みの厳しさが嘘のような暖かさのなか、訪れた国営昭和記念公園

ちょうど「黄葉・紅葉まつり2016」(11月5日~27日まで)ほかのイベントが開催されていることもあって、当初予定していた集合時間の前から入園ゲート、駐車場は大変な混雑でした。


モミジが美しい日本庭園、見事なイチョウ並木など、さすがは日本を代表する園内。


見どころが多いとあって、はやる気持ちをおさえながら私たちが集合したのは「水鳥の池」前です。

まず「そとでる」の鬼塚 正徳事務局長から挨拶や事務連絡があった後、参加者に予定表や地図、参加者リストなどが配られました。

そして思い思いに園内散策がスタートです。



 ▲水面積約5haの水鳥の池。マップを見ながら、「右回り? 左回り?」 

 ▲ボートハウス。ローボートやサイクルボートが楽しめる


緑、黄、紅、茶… 木々の葉の多彩な美しさはもちろん、
足元に感じる葉の踏み心地は、まるで自然がつくった絨毯のよう。

季節のうつろいを感じながら、この時期ならではの日本の美を体感しました。

 


 
 ▲赤い実がかわいらしいイイギリ(和名:飯桐)。昔、葉で飯を包んだという

 ▲モミジ、ダリア、サザンカ… 植物との対話を楽しむひととき

 


さて、お待ちかねのお昼ご飯。
レストランに入る方、原っぱ前で休憩する方などさまざまでしたが、外で食べる食事のおいしいこと!
参加者同士の会話もはずみました。

そして入園者数の多さがひときわ印象的だったのは、「かたらいのイチョウ並木」です。
ファミリー、カップル、ペットのお散歩、海外からの旅行客… などなど、たくさんの方が一人ひとりの楽しみを満喫していました。


 


時計を見ると、あっという間に14時。ツアー解散前の集合時間となりました。
別れを惜しむ参加者が輪になって互いの顔を見ながら、改めて短く自己紹介。
次回ツアーでの再会を誓いました。




 

 また、「せたがや移動ケア」の吉田 正理事長(写真右端)から、ツアーご参加へのお礼と今後の活動への想いをお伝えさせていただきました。


当日は、行楽日和ということもあって道路事情などからスケジュールどおりにいかなかったり、想定外の出来事も多少ありましたが、「日帰りツアー」初の44名という大人数での「紅葉散策」は、無事に終了しました。

ご参加いただいた皆様、サポートしてくださった皆様、ありがとうございました。



   


■参加者の声から

1年に数回の「日帰りツアー」を楽しみにしています。
なかなか自分たちだけでは出かけることがないので、本当に楽しかったです。
また、よろしくお願いします。
(利用者)


福祉有償運送事業者の方の関わる姿や、外出先での支援の様子は、
普段の授業では見ることができないため、大変勉強になりました。
また、さまざまな事業者の方、利用者の方と関わる機会も得ることができ、
良い経験になりました。楽しかったです。
本当にありがとうございました。
よろしければまた、このような機会があれば是非参加させていただきたいです。
(東洋大学・ボランティア)

ツアーの楽しみは、目的地での散策はもちろん、“参加者同士のふれあい”が大きいと、改めて感じました。
普段お話しすることのない方との会話や、普段お会いしている方の違った面を見せていただき、
「参加して良かった。企画して良かった」と実感しました。ありがとうございます。
(スタッフ)

  




「おでかけサポーターズ」、「せたがや移動ケア」は、今後も季節の行事やイベントを企画いたします。
ご参加はもちろん、「おでかけサポーターズ」ボランティアとしてのご参加や企画にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

  
 ▲2016年10月、
東急世田谷線ホームに掲示した
ご案内のポスター
 今回のツアーで使用した
「おでかけサポーターズ」
缶バッジ

00:15 | 投票する | 投票数(7)