そとでるロゴ
〒156-0056
世田谷区八幡山1-7-6
TEL:03-5316-6621
FAX:03-3329-8311
info@setagaya-ido.or.jp

[受付時間] 平日9:00-17:00
 
新着情報
・求人:介護タクシー運転手募集(7/25)
・そとでるニュース7月号(7/13)
・認知症サポーター養成講座開催(7/12)
・「おでかけ勉強会」報告(7/11)

・そとでるニュース6月号(6/16)
・世田谷地域事業者交流会 参加報告(6/5)
・ミニ研修(配車業務の向上)(5/29)

・そとでるニュース5月号(5/17)

・HH世田谷・隅さんインタビュー(5/15)
・車椅子社会を考える会リンク追加(4/26)
・羽根木公園のお花見報告(4/25)

・福祉有償運送の運転者講習会(4/19)

・梅を楽しむ「おでかけ」の報告(4/17)
・そとでるニュース4月号(4/14)

・スタッフミニ研修会報告/医療(4/10)
・そとでるニュース3月号(3/22)
・いきいき・安全な移動支援報告(2/21)
・そとでるニュース2月号(2/20)

・おでかけサポーターズ募集(2/13)
・そとでるニュース1月号(1/23)
・木村敬一氏インタビュー(1/23)
・全国フォーラムに参加(1/10)

・お買い物ツアーに協力(12/27)

・そとでるニュース12月号(12/16)

・学生インターンシップ(12/1)
・昭和記念公園日帰りツアー!(11/28)
・「“さぽたま”」おじゃまします(11/26)

・研修会「介助技術─実践」!(11/19)

・そとでるニュース11月号(11/17)

・昭和記念公園日帰りツアー(10/21)
・そとでるニュース10月号(10/17)
・けやき学級40周年記念会(10/3)

・そとでるニュース9月号(9/16)

・個人情報保護法スタッフ研修会(8/23)
・そとでるニュース8月号(8/15)
認知症サポーター養成講座報告(7/26)
・そとでるニュース7月号(7/25)
・外出に付き添ってほしい(6/11)
・そとでるニュース6月号(6/10)

・事故の実例と保険のはなし報告(6/2)
・鷲崎さんインタビュー(5/26)

・そとでるニュース5月号(5/16)
・事故の実例と保険のはなし(4/26)

・研修「移動と介護保険」(4/18)
・そとでるニュース4月号(4/11)

・高橋教授「階段昇降」見学!(4/11)

・第3回事業者研修会報告(4/7)
 
twitter / facebook
twitter / facebookでも情報をお届けしています。

↓クリック
twitter

↓クリック

 
QRコード
携帯からもご利用になれます!
QRcode
 
そとでるスタッフからの情報発信コーナーです。
ご意見等ありましたら、メールにてお気軽にご連絡ください!
 
スタッフブログ >> 記事詳細

2017/01/10

「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム2016」にスタッフが参加

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者

2016年10月29日(土)、30日(日)の2日にわたり、
「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム 2016」が開催されました
(於:東洋大学白山キャンパス1号館(東京都文京区白山5-28-20)
主催:くらしの足をみんなで考える全国フォーラム実行委員会 (実行委員長 :岡村 敏之(東洋大学教授)、副実行委員長:加藤 博和(名古屋大学准教授))
共催:(公財)交通エコロジー・モビリティ財団
後援:国土交通省、厚生労働省、(社福)全国社会福祉協議会、東洋大学国際共生社会研究センター、名古屋大学大学院環境学研究科附属持続的共発展教育研究センター、(一社)日本民営鉄道協会、(公社)日本バス協会、(一社)全国ハイヤー・タクシー連合会、(一社)全国個人タクシー協会、(一社)全国福祉輸送サービス協会、全国交通運輸労働組合総連合、日本私鉄労働組合総連合会、(一社)全国子育てタクシー協会、(特非)市民福祉団体全国協議会、(特非)DPI日本会議、(特非)全国移動サービスネットワーク 協力:東洋大学 メディアパートナー:(株)東京交通新聞社))。


【プログラム】

2016年の開催が5回目となった「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム 2016」は、当事者、行政職員、研究者、バス・タクシー事業者、福祉・介護・医療の従事者、NPOなどの関係者が集まって「くらしの足」に関する多様な問題について、本音で語り合い、問題解決のヒントを得る「気づき」の場です。2日間の開催で参加者は300名を超え、ポスターセッション出展は62団体にものぼりました。

(詳細は、近日公開予定の「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム 2016」のサイトをご覧ください)


世田谷区福祉移動支援センター「そとでる」(NPO法人 せたがや移動ケア)のスタッフは、例年同様、フォーラムの事務局スタッフとして参加させていただきました。

 

 








■第1日目 10月29日(土):くらしの足概論、事例紹介セミナー、グループディスカッション


●開会式


●くらしの足概論:現場で元気に動き出すための くらしの足概論
講師・加藤 博和氏(副実行委員長、地域公共交通プロデューサー、名古屋大学大学院環境学研究科准教授)


●事例紹介セミナー:地域を元気に 「くらし」と「足」の上手なつきあい方とは
講師・中山間地域を支える公共交通について:景山 亨弘氏(鳥取県日野町長)
柏原三丁目の取り組み~路線バス乗り入れとバス友の誕生:
宮崎 泰氏(西日本鉄道株式会社自動車事業本部営業部西営業課長)
話題提供 地域を元気に「くらし」と「足」の上手なつきあい方とは:大井 尚司氏
(実行委員、大分大学経済学部准教授)


●グループディスカッション:自己紹介、フリーディスカッション、「まとめ」発表
「グループディスカッション」は、参加者が1グループ7~8人(計28グループ、6教室)に分かれて行われました。参加者はそれぞれの立場から本音の意見や質問を出しあって、全国規模のフォーラムならではの幅広い事例を得ることができました。


●懇親会




■第2日目 10月30日(日):基調講演・対談、ポスターセッション、白熱討論


●基調講演・対談:地域を元気にする「種」をくらしの足でカタチにする
講師・吉田 樹氏(実行委員、福島大学経済経営学類准教授)
村瀬 茂高氏(WILLER ALLIANCE代表取締役社長)

 

 

 

 



●ポスターセッション(62団体:全国の取り組み事例を、パネルや車いす、ロボットなどで紹介⇔交流)

   
   

参加者一人ひとりが目的意識をもって会場に向かい、展示している内容から多くのヒントを得ていました。「そとでる」スタッフも、積極的に新しい研究や知らない分野についての質問、やりとりを重ねました。

 

 

●白熱討論
登壇者:野村 文吾氏(十勝バス株式会社代表取締役社長)
貞包 健一氏(有限会社三ヶ森タクシー代表取締役)
山田 和昭氏(若桜鉄道代表取締役社長)
コーディネーター:加藤 博和氏
(副実行委員長、地域公共交通プロデューサー、名古屋大学大学院環境学研究科准教授)

 

 


●閉会

 鎌田 実氏
(実行委員会顧問、東京大学大学院新領域創成科学研究科人間環境学専攻 教授)
 

無事に5回目の開催を終えた「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム 2016」。
参加者は、それぞれがヒントを得て、「問題解決への一歩を踏み出す」という想いを抱いて帰られました。
2日間、お世話になりました。

 


【スタッフの声】
・受付のお手伝いをさせていただき、全国から集まった皆さんの熱意を感じました。また、2日目にどのような点に注意して受付業務を行なえば良いかなど、気を配る楽しさ、やりがいもありました。ありがとうございました。

・「地域参加」「住民主権」というキーワードを肌で感じる2日間でした。特に「ポスターセッション」の会場での熱気、やりとりの濃密さは印象に残りました。

・毎年参加される方、初めて参加される方、それぞれに情熱をもって「何かつかんで帰ろう!」というお気持ちであることを感じました。フォーラムの規模が大きくなり、今後どのように展開していくのか未知な部分もありますが、参加者の皆さんの生き生きとした姿に元気をいただきました。

・「そとでる」にもいらした東洋大学の高橋教授(スカラモービルの調査など)の展示や大学院生の方のデモンストレーションも拝見でき、研究のお手伝いができたようでうれしく思いました。

   



10:03 | 投票する | 投票数(5) | イベント